未来の数学を語ろうか



月末、このブログの愛読者でもある(ありがたい!)、

プロフェッサーN先生がこんな話をしてくれました。



未来の数学はこうなる!(んじゃないか)


必要最低限の生活数学だけを人間が担当
計算はすべて機械(音声入力可)
空間ノートの出現。フリーハンドで3次元体が書ける
建築は図面から模型へ
物体のデータ→重さや体積も保存可能へ
遠隔解析ソフトの完成(見ただけで長さがはかれる)
3.14の廃止→πへ
論理数学(説明の授業)という科目が増える
そろばん・パソコンは「技術」に含まれる



いやー、なんだかワクワクしますね。

プロフェッサー!またのネタ提供をお待ちしておりますw



こういった未来を想像することは、

頭の体操としてもいいですよね。

当たり前は、時と場所によって変わっていく。

10年後は、20年後は、今の当たり前がもう、

当たり前じゃなくなっているかも。

それだけ、長く生きる楽しみが増えるというものですね。



そして今は、今の当たり前を大切に。

もう何人かの生徒は夏休みの宿題が終わっています。

まだの君、二期生では夏明けがすぐテストですから、

最低でもお盆までには終わらせて、

夏休み後半はテスト勉強に力を注ぎましょう。



未来を、見据えて。



本日もHOMEにお越し頂き誠にありがとうございます。

過去と現在と未来。全部大切にしよう。


HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000