はじまりに、力を入れる



勉強でも、お仕事でも、

テキパキとやることをこなせる人は、

物事の最初に力を入れる。



これはいつまでにこうやって、とか、

こっちはこんな風にやってみよう、とか、

計画を立てて、考えを巡らす。

設計図がないと、作りたいものがなかなか作れないから、

その設計図の部分を最初に完成させてしまうのだ。



すると、本当は不必要な部分とか、

誰かに振れたりすることとか(コピーとかね)、

色んな事がわかるから、たとえ今回がうまくいかなくても、

次回に活かせる。

成長の糧にもなる。



はじまりに、力を入れる。

行きたい場所を思い描いて、方向を決めて、

行き方を考えて、動いてみる。

動きづらい環境なら、まず環境整備が必要だ。

邪魔するものがあるなら、排除の方法を考えなくちゃならない。

仕組み一つでもっと快適に出来ることがあるかも。

ん、こっちのが安いぞ。待てよ、こっちのが安全か。

計画立てって、慣れると楽しいしね。



実際に歩き終わって、振り返ってみれば、

次に活かせるヒントがあちこちに落ちている。



はじまりに、力を入れる。

シンプルだけど、大事なことほど、先に手が出てしまうものだからね。



本日もHOMEにお越し頂き誠にありがとうございます。

はじまりがどこかの把握も忘れずにね。





HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000