君を救うのは、難問だ



いつだって、

君を一つ上の段階に連れて行くのは、

解けるかどうかギリギリの、

君にとっての「難問」だ。



簡単な問題ばかり解いていても成長は訪れない。

いくら大学受験生の君が九九を唱えたところで、

今更さほど意味はない(無駄とは言わないが)。

特に今は時間がないのだ。



難しすぎて理解不能でも、もちろん駄目。

高校受験生の君が三角関数の問題とにらめっこする必要はない。

チャレンジ精神は認めるが、必要なものにこだわろう。

とにかく時間はそんなにない。



できるかどうかわからない。

でも、挑戦する。苦しむ。悩む。

答えを出したが、間違う。答えを知る。

解説で「あーなるほど」と理解する。

もう一度やる。またまた苦しむ。また、間違う。もう一度答えを知る。

もう一回やる。できた!



そんな時間が、君を成長させる。



もしも今君が苦しんでもがいて落ち込んでいる受験生なら、

どうか知っておいて欲しい。

苦しまないと、成長はしない。

もがいた方が、成長は早い。

今のその君の苦しみが、やがて君を救う。



だから、落ち込んでいる暇はない。

必死でやって間違えたなら、むしろ喜べ。

苦しむような問題に出会えたら、感謝しろ。

君はまだ成長できる。

解けるかどうかギリギリの、自分の成長に必要な問題を見つけることに、

貪欲になれ。

だから、とにかく多くの問題を解け。

そこで見つけた「難問」が、君を救う。



その「難問」こそが、君を合格へと導く道標だ。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

そうです、そしてそんな難問候補を渡すのが僕らのお仕事です。


HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000