「できる」の魔法のかけかた



ほとんどの勉強は、

能力的に「できない」んじゃなくてさ、

「できない」って思うから、「できない」ことの方が多いんだよ。



何か【問題】に出会った時、

君はほぼ反射的に、その【問題】を判断する。

見た瞬間に、あるいは少し読み進めた後に、

君は決断を下す。

この【問題】、「できる」かもしれない。

もしくは、「できない」かもしれない、って。



この「できる」「できない」の「かもしれない」感が、

勉強にはとっても大事だ。

「できる」かもしれないと思った問題には、思いっきり立ち向かえる。本気で臨める。

「できない」かもしれないって思ったら、最初から及び腰だ。諦めも早い。



「できる」かもしれないって思える問題が多ければ多いほど、

君はチャレンジできる。その分、成長は早くなる。

「できる」って思えば思うほど、結局は得するんだ。

思うにこしたことはない。



でも、それがなかなか難しいんだよね。それもわかる。

心理学では「セルフ・エフィカシー(自己効力感)」なんていう風に言うけど、

一度失った「できる」かもしれないを取り戻すには、

少し工夫が必要だ。



その工夫の一つがスモールステップ。

目標までの小さな段差を作って、成功体験を沢山手に入れよう。

いつの間にか、君は「できる」かもしれないを取り戻す。

簡単なことから、一つずつ、君は「できる」を見つけていく。

昇っていけば、誰もが高みへ行ける。

勉強って、本当はそういうもんなんだ。



君が今、もしも「できない」で苦しんでいるなら、

それは能力なんかじゃないよ。そのことに気付いてほしい。

「できない」って思っているから、「できない」。

シンプルだよね。

なら、君はこれからどうすればいいと思う?



さぁ、一緒に、君の世界を変えに行こう。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

写真の英語CTは結構使える。珍しい選択肢形式!



HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000