不安な夜の眠り方



この時期になってくると、

生徒や講師から「うぅ…夜眠れない」という声をよく聞きます。

私も睡眠導入が苦手です。色々考えちゃうんですよね。

「先生、対策書いといて」と受験生のYさんに言われたので、

今日の記事は「眠り方」について。



明日は大事な日なのに、眠れない。

気ばかり焦って、どんどん眠れなくなる。

やばいやばいやばいやばい。

明るくなってきたー、ピンチ!

あー、寝れなかった。。。



なんてことがある人も、ない人も、

参考になったら幸いです!

私が実践する(してきた)睡眠への道を記しておきましょう!!

※あくまで勉強犬調べです。個人差があります。どうしてもの場合は病院に行きましょう。







0、準備



まずは、寝るために必要な準備をいくつか書いておきましょう。



・ルーティンを作っておく
→寝る前の行動を同じにすると脳が「はーい寝ますよー」と寝やすい状態になるそう。
 読書とかオススメ。

・体を少し疲れさせておく
→部活引退した生徒によくみられる眠れない原因は疲れてないから。
 頭は疲れているけど体が疲れていないから睡眠の質が悪くなるらしい。

・温かいものを飲む
→私はトイレに行きたくなるからパス。

・寝る一時間前からスマホは触らない
→睡眠の天敵です!目が冴えちゃいます!



準備はok!?

さぁ、実践編の始まりです!




一、焦らない



睡眠は大事です、とこちらの記事でも言いました。



でも、大事だと思えば思うほど、

焦って眠れなくなったりします。

そんな時は「寝なくても死にはしない」と思いましょう。

実際一日ぐらい寝なくたって大丈夫。本当にやばかったら寝ちゃいます。

まずは気持ちから落ち着けましょう。



また、睡眠は時間よりも質が大事というデータもあるそうです。

安心して、目をつぶっていましょうね。




二、ゆっくりとした呼吸で手足を温める



これね、私は実践しています。



横になってね、

息をゆっくり限界まで吐いて、ゆ〜っくり吸うのです。

吸った時にお腹を膨らませる腹式呼吸でね。

すると副交感神経が優位になって、手足がぼわーっと温かくなり、

簡単に言えば、眠くなるのです。



ぜひお試しあれ。



他にも、アロマとか心地よい音楽を聞くなんて方法があるみたいですが、

いろいろ試して、自分に合った方法を見つけてみましょう。



睡眠はやっぱりとっても大事。

よく寝て、よく食べて、よく学んで、

ベストパフォーマンスを。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

え?そんなことしなくても寝れるって?やるなぁ。






HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000