ポジティブはなぜいいのかな



藤沢本町教室の二人が持っているのは、

とっても前向きな生徒の言葉。

しかもどちらも、【ネガティブ】を克服して、

しっかり【ポジティブ】に変換できてますね。素晴らしい!



ポジティブな言葉がかける魔法は、

書いたり言ったりした本人はもちろん、

周りにも伝染していくものです。

その言葉が生み出すキラキラやワクワクを、

集めて、広げて、今日も明日も、

なるべく素晴らしい毎日にしたいものですね。



「でも、ポジティブなことばかりだと嫌なことがあったとき怖い…」というあなたに、

最近見つけたおすすめの本から一文共有です。

この本については明日また詳しく書きますので、お楽しみに!



それでは、ご覧いただきましょう。

『+1cm』から【ポジティブ理論】という文章です。



①、良いことを予想してて 良いことがあったとき
  良いことを予想してて 悪いことがあったとき

②、悪いことを予想してて 良いことがあったとき
  悪いことを予想してて 悪いことがあったとき

このうち、楽しい気分になるのはいつだろう?
①では3回
②ではたった1回だ。

ポジティブな考えを「できたらいいなあ」なんかじゃなくて
「あたりまえ」にしてしまうこと。

期待が外れたときにがっかりするのが怖くて
初めからネガティブに考えてたら
失望も少ないだろうなんて思って。

ポジティブに考えてるときの
胸のときめき、ワクワクする感覚
それ自体の楽しさを見落としてはいない?




なるほどー。

やっぱり【ポジティブ】の方がちょっとお得な気がしますよね。




本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

あなたは水が半分入ったコップを見て、

「もう半分しかない」「まだ半分ある」

どっちの答えを見つける派?

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000