【塾物語】夢翔ける宇宙

夜のキャンバスに、

輝く点々をばら撒いて、無造作に並べた。

聞こえるのは、木々の揺らぎと、虫の囁き。

お父さんに連れて来てもらった山の上で、

大の字になって寝そべりながら、

僕はそこへ、まるで月と重ねるように、初めての夢を浮かべた。


あそこへ行きたい。


小学生低学年の時に見つけたその夢は、

中学3年生になった僕にとってもまだ夢で、

ずっと自分だけは信じてたんだ。

「僕は宇宙飛行士になる」

だけど、そう言った僕を誰もが笑った。


人の言葉のエネルギーというのは強烈で、

いつの間にか、「どうせ無理」だなんて自分でも決めつけて、

将来の夢を聞かれても、マイナスな言葉ばかり並べていた。

でも、ある時、それを聞いた塾の先生が僕に言ったんだ。


「人はプラスのこともマイナスのことも口から言う。だから口にプラスマイナスで吐くと書く」


僕は「へぇ」と適当な相槌を打つ。

「そこでマイナスな事を言わないようにすると…」

先生がタメを作るから、少しだけ期待して待つ。

「吐くから-が取れて叶うになる」そう言って先生が笑う。

「夢は、叶うよ」


目から鱗とまではいかなかったけど、少しだけ笑った記憶がある。

先生は、勉強以外のことを相談すると、

本当か嘘かわからない、もっともらしい事をよく言った。

「なんだそれ」とは言いながら、少しだけ僕は元気になる。

そして、次の言葉を楽しみに待つ。

それはまるで、あの輝く夜空がくれる、

意味不明なワクワクと、少しだけ似ている。


でもね、おかげでもう一度、自分を信じてみることにしたよ。

やっぱりあのとびきりのワクワクは忘れられない。

僕は、宇宙へ行きたい。


遥か遠く、途方もない道のりだけど、先生は言ってくれたよね。

苦難、困難、災難。人生には色んな難がある。

でも、それがないと無難な人生になる。

無難な人生はつまらない。難は成長の大チャンス。

だから、有り難うって言うんだよ。


いっぱいの難を乗り越えて、とびきり高い所から、

有り難うって笑ってみせるよ。ありがとう、先生。

そして、これからもよろしくね。



HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000