湘南台高校の学校情報や雰囲気に迫る!在校生が語る倍率が低かった理由とある物語


勝手に人気だと思っているこのシリーズ。


志望校選びに悩む中学生たちにとって、高校の先輩からの生の声というのは非常に有り難いものですよね。


受験本には記されていない旬な情報の数々を、各高校一校ごとにお届けするシリーズのつづきです。


基本的にはどの高校も素敵な高校前提ですが、大切なのは自分に合うかどうかです。このシリーズの情報が、それを見極める際の参考になれば幸いです。


過去の高校:

希望ヶ丘高校

鎌倉高校

横須賀高校

平塚江南高校



僕や私の素敵な高校シリーズ vol,005
湘南台高校  


言わずと知れた湘南地域中堅校SOFTSの一角です(僕しか言っていない)。


昨年度の入試では当初定員割れするなど苦戦した様子です。結局最終の倍率も1.02倍。昨年が1.37だったことを考えるとやはり芳しくありません。


その理由はどんなところにあるのでしょうか。そして、そこに隠された物語とは。


まずはデータから見ていきましょう。



湘南台高校基本データ

設立:1985年(昭和60年)

生徒数(30年度):830名(男子285名・女子545名)

授業:3学期制 50分✕6時限

場所:藤沢市円行1986 駅:各線「湘南台」駅より徒歩8分

合格率60%目安内申:106/135 合格率60%目安偏差値:54

比率(内申:学力検査:面接):4:4:2

大学合格実績(平成30年春):早稲田1 東京理科1 明治3 青山学院4 中央1 法政8 学習院1 成城1 國學院5 明治学院7 日本12 東洋3 駒沢4 専修17 東海36 神奈川27 関東学院21etc 

備考:校則は厳しい バロック風校舎 マーチングが強い 大学との連携で講義が受けられる



教室にも生徒の多い高校になりますので、割と親近感のある学校で、私は好きです。


意外にも横浜市からの通学者が多いんですよね。その割合は40%近くともいわれています。次いでが藤沢市の20%ほど。


川沿いにある校舎ですので、強烈な雨の日の増水にはご注意を。さぁ、それでは早速在学生へのインタビューをみてみましょう。



湘南台高校は厳しい!?在校生インタビュー



「うちの高校は厳しいっす」


まずは男子生徒の一言。そばにいた女子生徒も続きます。


「だって体育祭とかでも髪染めちゃいけないんですよ。他の学校が羨ましい」


確かにブルーとか緑に染めている人もいるもんね。湘南台は体育祭であっても原則髪染め禁止です。近くだと茅ヶ崎とかもそうですかね。


メイクやピアス、ポロシャツもNG。しかし、なぜかスカート丈は短くてもokだそう。カーディガンは色指定だが、現在は卒業した先輩方の頑張り?のおかげで茶色っぽい色が増えたそう。


違う子はこんな話をしてくれました。


「しかも、部活入るとさらにルールが多くなって、もうがんじがらめ。華やかな高校生活!って感じではなくなるね」


そうです、この校則の厳しさが今年の入試で苦戦した一つの理由ではないでしょうか。高校の校則に加えて、各部活ごとのルールも厳しいとなれば、他校と比べた時に「どうしようかな」となるのはわかる気がします。例えばバレー部はショートカットにする、とかね。


もちろん藤西の新校舎や清流・総合高校の躍進など外的要因はあったと思いますが。それらについての詳しくは『倍率推移をまとめてみたらわかったこと』を御覧下さいませ。


その生徒は続けます。


「でも、まぁ、元々真面目な人が多いしねぇ」


記入してもらったいくつかのアンケートにもありましたが、規則はしっかり守り、やるときはやるというけじめを持った人が多いのだとか。これはむしろプラスポイントでしょう。


「大学受験も、成績取って推薦が多い。女子が多いことも関係あるかな」


高大連携が強いイメージのある湘南台高校は、やはり推薦が多くなるのかな。大学側も真面目な生徒たちが入学してくれることは万々歳でしょうからね。大学入試難化が叫ばれている時代で、これは大きな湘南台高校のメリットになるかもしれません。


この学校の悪いところは?についてはこんな回答。


「制服のリボンがダサい」


前述ですが、華やかな高校生活を想像する子はあんまり合わない印象ですかね。一覧図でもだいぶ右寄りにあります(真面目寄り)。行事も数はありますが、はっちゃけるというよりは、真面目に楽しんでいる感じだとか。


「環境は良いけどね」


湘南台駅は年々レベルアップしている小田急線・相鉄線・ブルーラインが通っているプチターミナル駅です。マック、スタバ、サイゼ、ダイソー、コンビニ完備です。


悪くない環境の中で、華やかではないけれど地に足の着いた高校生活を送り、きっちり推薦で大学や専門学校へ進学する。そんな子には最適な学校かもしれません。真面目な子が損をしない雰囲気は素敵です。


最後に、さっきまで文句をぶーぶー言っていた生徒の一人がこんなことを呟きました。


「まぁ、でも、もう一回受験するってなっても結局はここを選ぶけどね」


「それねー」と笑う他の生徒たち。


そのグループ以外の生徒たちにもインタビューをしましたが、みんな揃って「まぁ、もう一回受験するとしてもここかな」なんて言ってました。


おお、愛されてるぞ、湘南台。


隣の芝生は青く見えて、時には他の場所がキラキラ輝いて見えることもあるけれど、きっちりしたルールの中で、真面目に楽しく過ごせる三年間って、それはそれで素晴らしいと思うよ。


学校関係者じゃないのに、なぜかちょっとだけ嬉しくなった勉強犬なのでした。


今日のわんこ…違う違う。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

川沿いで晴れていれば散歩するのも気持ちのいい場所にあるんですよね。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000