生徒が大人になっていく喜びは、このお仕事の醍醐味の一つ


小学生の頃から高校卒業までうちに通っていて、もう社会人手前になった生徒が、教室に遊びに来てくれました。


昔から身体は大きかったですが、もっと大きい方(教室長)に乗られると小さく見えますね(笑)元気そうで何より。たっぷり思い出話やこれからのことを話していきました。


彼の中学最後の試合を、等々力まで見に行ったことがあったんですよね。気合い入れて応援に行ったら、初戦は不戦勝。二回戦目の相手は優勝候補で、お母様と思わず笑ってしまった記憶があります。


教室長(上に乗っかってる人)も楽しそうです。その昔、彼自身がまだ講師だった頃に、熱心に指導していたのが、この生徒。もう10年以上の付き合いになるんですよね。


いじりいじられながらの会話ですが、時折生徒側から出てくる「お世話になってるからなぁ」などのワードが、大人を感じさせます。そして、二人の間にある信頼関係も。


お互い嬉しそうで何よりですね。もちろん僕も、嬉しかったよ。顔を出しに来てくれてありがとう!もうお酒も飲めるお年頃だから、今度はぜひみんなで飲みにでも行きましょう。


今回の件を踏まえて改めて感じましたが、このお仕事の醍醐味の一つは、子どもたちの成長を長いスパンで追えること。


小学生から高校生まで、そしてその先までの彼らの成長を見守れることは、僕らにとって大きな大きな楽しみでもあります。幸せなことです。


大人になっていけば変わること、変わらないこと、もちろん両方いっぱいありますが、元気に笑っている姿を見られればそれだけで十分です。安心します。


ちょっと大袈裟ですが、その昔指導した生徒たちが、ちゃんと同じ世界のどこかで今を生きているって思うと、嬉しいですし、こっちも張り合いが出てきますね。


新しく大人になっていく彼らに、大人の先輩として恥ずかしい姿を見せないように、負けないように、僕らも精進をしていきたいと思います。


慌ただしい夏期講習の中で、嬉しい訪問者のお話でした。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

うん、またおいで。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000