課題「春」

だんだんと春の気配が近付いてくると、

早いもので、

あっという間に桜はその姿を開花させる。

「私を愛して」っていうメッセージを送って、

多くの人達はお酒を片手にその下で踊ったり舞ったり。

そして、

だんだんと僕らのことを忘れていく。


「もう、温かくなってきたね」

君が笑いながら言ったけど、

僕には笑うことが出来なくて、

君が少し寂しそうな顔をした。

「だんだんと…」

君が何か言おうとしたから、

僕をそれを遮るようにして、言葉を放った。

「ねぇ、君はさ」

君が一瞬驚いた顔になった。

おかまいなしに、僕は続けた。


「君は、何かやりたいことある?

 ホラ、せっかくの春だしさ」

もう僕らにそんなに時間がないことは、僕も君もわかっていた。

まるで、大病に冒された患者のように。

静かに、だけど、精一杯に、残された時間を生きていた。


「ううん」

軽く首を振りながら君が言った。

あまり振りすぎると取れてしまうから、

遠慮をしたのかもしれない。


「あなたと、あなたと一緒にいられるだけでいいの」

それは、「今と変わらない日々が欲しい」という君の切なる願いだった。

でも、それは無理なことを、きっともう君も気付いてたんだ。

だから、本当に少しだけ笑って、こう言った。


「ずっと、一緒にいられたら、幸せだなぁ」

僕の想いも、

君とまったく同じだった。

でも、口には出せなかった。

そうなれないことは知っていたし、

僕の力では、どうすることも出来なかったから。


だんだんと、

大空に燦然と輝く太陽は、

僕らの体力を奪っていった。

僕よりも身体が小さい君は、

日増しに、口数も少なくなっていった。

「あなたと」っていう言葉が多くなった。

口に出すのは、決して叶わない祈りや願いばかり。

一日中、二人で寄り添って、

空想や夢を浮かべて、精一杯に笑顔を作ってた。

浮かべるのは僕。

君はもううなずくことさえも出来なくなっていた。


僕らの時間が限られているのは、

最初から知っていたけど、

だったら、僕と君が出会うことに意味はあったのかな。

サヨナラを伝えなきゃならない、初めまして。

お別れが決まってる、出会い。


君が喋らなくなった。

僕は何も出来なかった。

ただ、考えていた。

思い出していた。

たとえ、僕が溶けて、この世からいなくなっても、

絶対に、絶対に忘れないように。

なくさないように。

君と一緒に、歩んできた日々のこと。


いっぱい笑って話したね。

僕らをぺろりと舐める大きな犬のことや、

踏みつぶされそうになる車のこと。

僕らのいる庭に建つ家から出てくる、

たくさんの人達のこと。

天気のこと。

夜、空に浮かぶ大きな目玉焼きのこと。

小鳥の歌が音痴ってこと。

庭に初めて咲いた、名も知らぬ花のこと。

いつも隣には君がいて、

寄り添って、笑ったり、泣いたり、喧嘩したりしてた。

僕らに、温かいのは禁物なんだけど、

君といると温かかった。

本当に、幸せだった。


「ねぇ…」

君がすぐに消えてなくなってしまいそうな声で言った。

「最後まで、こうやって寄りかかってていい?」

僕の目から、

水滴が次々とこぼれ出たけど、

無視をして言った。

「もちろん。君が好きなだけ」

「うん…」


君が笑った。

すごく幸せそうだった。

いや、

間違いなく、

僕らはこの瞬間、幸せだったんだ。



「あったかいね…」


うん。


「幸せだね…」


うん。


「私たち、幸せだったよね…」


うん。


「本音を言えばさ」


君が、力を込めて、最後の笑顔で言った。

「…ずっと、ずっと一緒にいたかったな…」


うん。


「でも…また、会えるよね?」


君が黙った。


それが、サヨナラのサインだってこと、僕は知ってた。

だから、僕も、ちゃんと君に届くように、ありったけの想いを込めて、言った。


「また来年も、

 そのまた次の年も、

 この先はずっとずっと、

 ここで君に会えること、楽しみにしてるからね。

 生まれてこれるかもわからないけど、

 絶対にまた会える。

 僕は信じてるから。

 忘れないから。

 絶対に。

 また会える。

 だから…」


君が見てないのはわかったけど、

泣きながら、でも、精一杯に笑って言った。


「またね」



みんなが待ち望んでいた春が来る。

街は色めきだして、子供達は余計に元気になって、

何だか世界が明るくなってくんだ。

きっと、君がいたら、

ずっと笑いっぱなしだっただろうね。

もうすぐ、僕もこの世界からいなくなるけど、

君がいなくなって、やっと気付いたことがあるんだ。

僕らがここに生まれてきて、

君に出会ったことにちゃんと意味はあったよ。


だってね、次に出会える日のこと、

ずっとずっと楽しみに待てるから。


君に会えてよかった。


またね。 



【教育・道徳的観点から】


誰もが待ち望んだ春という季節が、

誰かにとってはお別れの季節になる。

視点を変えたサンプル作品でした。


昔、私の恩師は言いました。

「氷が溶けると何になる?」という質問に、

「水たまりになる」じゃなくて、「春になる」と答えられる、

奥深さを持つと良い。


視点を変える訓練をしてみようかな。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000