【後編】大集合!家族で読んでほしい名言を集めてみた


さぁ、前回の続きです。

引き続き、素晴らしい言葉たちに、

家族みんなでやる気や新しい気付きを頂きましょう。


ちなみに、前回の記事はこちら。


今回のテーマは「家族で読んでほしい名言集2」です。





続いての発表者は、

万有引力の発見者、ニュートン!


どんな行動にも、必ずそれと等しい反対の反応があるものです


物理学者らしい、

事実を述べているけど、励ましになるいい言葉ですね。

この言葉を体現しているような、

元ボクシングフライ級の王者、内藤さんの逸話をご紹介します。


ひどいイジメだった。
胃潰瘍ができた。毎日毎日、恐怖が続いた。今もそのトラウマが残っている。


僕がボクシングを始めた理由。それは、中学のときのイジメだ。
相手に仕返しするためじゃない。自分の身を守るため。

パンチを打つのではなく、相手のパンチをよけるため。僕は強くなりたいと思った。


僕は北海道の豊浦町で生まれた。

家は貧しかった。サビだらけのトタン板で囲われた木造二階建て。

窓は木枠でできていて、完璧に閉まらない。

冬の寒さをしのぐため、ビニールで窓をふさいでいた。


僕には父親の記憶がない。僕が生まれてすぐに離婚したらしい。

母親は、自宅の離れで食堂兼民宿を営み、朝から晩まで忙しく働いた。

なにも買ってもらえなかった。


中学時代当時の僕は、身長が140センチくらい。

相手は170センチ以上あるやつもいて、喧嘩してもかなわないと思った。

僕は笑いのものにされ、使いっぱしりで、それでもご機嫌をとり、

媚を売りながら生きていた。


母親には隠していたけれど、ある日、お腹が痛くて病院に行くと、胃潰瘍ができていた。

中学三年になって、さらにイジメはエスカレートした。

モノを隠され、靴を捨てられ、服を脱がされた。もう、限界だと思った。

カラスやスズメ、虫でもいい。人間以外のものになりたかった。

学校に行きたくなかった。


そのとき、佐々木先生が異変に気づいてくれた。

先生は、小さくて、運動神経がよくて、サッカー部の顧問。歳は25歳くらい。

生徒との距離が近くて、冗談が通じるやわらかい雰囲気を持った人。

その佐々木先生がホームルームで、こう切り出した。


「最近、誰かが、誰かをからかっている。特定の人に、ひどいことをしている。

誰がやっているか、思い当たる人は手をあげろ!」

誰も答えない。すると先生は、大声であいつの名を呼んだ。


「おまえのことを言ってんだよ!!」シーンとなった。僕は、ビックリした。

すごいと思った。こんな大人もいるんだと思った。

先生が叫んでから、イジメはおさまった。


僕は、ボクシングを始めた。不思議なことに、強くなると、

やり返そうという気持ちがなくなった。

「先生のひとことで、救われたんだよ」フライ級の日本一になって北海道に帰ったとき、

先生にそう言った。先生は、変わらぬ優しい笑顔で、小さくうなずいた。



何かやれば、文句を言う人も居るだろう。

敵になる人も居るかもしれない。

だけど、君が信じた道なら進むしかない。

困難は、きっと成長へつながる。

そんな時、壁となって立ちはだかったり、うるさく言いながらも、

ずっと味方で居てくれる存在が、親なのかもしれないね。


さぁ、フィナーレです!





トリを飾るのは、

天下の大将軍(皇帝)ナポレオン!


じっくり考えろ。しかし、行動する時が来たなら、考えるのをやめて、進め


考えることは大切。

でも、やってみることはもっと大切。

臆病になりすぎるな。失敗を恐れるな。

やってみなくちゃ、何も始まらない。


もう一つ、僕の好きなナポレオンの言葉があります。

状況?何が状況だ。俺が状況を作るのだ

格好いい!さすがナポレオン!

こんなことなかなか言えないもんです。


この言葉を聞いて、

思い出したエピソードがあります。

世界初のフランチャイズビジネスを始めた、

ケンタッキー創業者、カーネルサンダースさんのお話です。


カーネルサンダースはケンタッキー・フライドチキンの創業者です。
40才のときに、ガソリンスタンドの一角を借りて、
6席だけでの小さなレストラン「サンダース・カフェ」をオープンしました。
しかし、65才の時に経営難により店は閉店してしまい、
ほとんどの資産を失ってしまいます。

でもここからサンダースは、

世界初の「フランチャイズビジネス」を生み出しました。

その方法は、ワゴン車でフライドチキン片手に、

片っ端から色々な会社を回り、

「フライドチキンの調理法を教えるから、かわりに売り上げの一部をくれ」

という「フランチャイズ」の原型と呼べるものでした。

1009社もの会社に断られ、それでも走り回り知恵を振り絞り、

やっとの想いで1010社目で契約をとり、

ここから「ケンタッキー・フライドチキン」の偉大な歴史が始まりました。


きっと考えているだけでは駄目で、

「俺が状況を作るのだ!」と言えるぐらいの自信がないと駄目で、

行動しないと、とてつもなく大きなことは出来ないのかなと思います。


でも、この事実からわかる重要な事は、

やり続ければ、少しずつうまくなるということです。

あのカーネル・サンダースさんですら1009社には断られているのですから。


子どもの可能性は無限大です。

今がどうであろうと、まだまだ遅すぎるなんてことはありません。

元巨人のエースで、メジャーリーガーの上原浩治さんも、

高校時代は補欠人生だったそうです。わからないものですよね。


自分を信じて。

そして、親御さんはぜひ、子どもを信じてあげてください。

今からでも君たちは、

何にでもなれる。どこへでも行ける。


きっと多くの偉人たちも、

最初から成功していたわけじゃないよね。

沢山の事にチャレンジして、困難と戦って、

とてつもなく広い世界の、沢山の知らないことを知って、

いつか、君のやりたいことを思いっきりやろう。



さぁ、今日をその為の一日にしよう。

君は、何を始めますか?






さぁ、二回に渡ってお届けした「家族で読んでほしい名言集」。

やっぱり名言ってテンション上がりますね。


偉人のようには行かなくても、

挑戦することに意義があるのだと思います。

大人も、子どもも、

たった一度の人生ですから、

楽しみましょう。最高の人生を。





HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000