人となんて違っていいんだよってお話



新学年、不安だよって声を聞いたので、

今日は一つお話をご紹介。



黄色いポスト」というお話です。

どうぞ。




道端にぽつん。誰かに塗られた黄色いポスト。
イタズラなのか。最初からこうだったのか。誰も知らない。




「あっ、変なポスト~」

そのポストを見つけた、

小学生ぐらいの子どもがポストを指差して言った。



「本当だ~!変なの~。カッコ悪~い」

周りの子ども達も騒ぎ出した。



そこに、杖をついたおじいさんが話しかけた。

「こらこら、あんまりポストをいじめちゃいかん」

子ども達は一瞬慌てたけど、すぐに言い返した。

「だって変だもん。赤くないから目立たないし」

「う~ん」

おじいさんも困ってしまった。



そこに今度は若いカップルがやって来た。

二人はポストを見て、にやりと笑った。

「ホラね、これこれ。黄色くて変わってたから覚えてるのよ」

女の人の方が得意げに言った。

「おーすげー」男の人の方が驚いている。

そこで、自分が驚いている様子を、

おじいさんや子どもが目を丸くして見ているのに気付いて、

説明するみたいに続けた。

「ポストって、どこにあったかいつも忘れちまうんだよなぁ」

「だよねぇ。でも、これなら忘れないでしょ」女の人がまた得意げに言った。




よかったね、ポストさん。

人と違うって、実はとっても素敵なことなんだよ。




人は誰しも、違うもの。

その違いが、まるで間違いみたいになるのは、

なんだかきっとおかしいですよね。



もちろん、人に迷惑をかけてはいけない。

空気を読まなきゃならないこともある。

でも、それは、誰かと同じになるってことじゃなくて、

自分で考えて動けばいいことだと思うから。



君は君のまま。

僕は、僕のまま。

認め合える関係性が良いね。

尊重できる世の中が良いね。

生き方なんていくらでもある時代だから、

縛られないで。苦しまないでね。

人となんて違ってもいいんだよ。

もっともっと、自由に生きよう。

君は君らしく、堂々としてよう。

そして同時に、周りの人だって認めてさ、

君が君のままで、生きやすい世界にしよう。



困ったら、

いつもあなたの味方でいる人達がここに居ること、

ちゃんと忘れないようにしてくださいね。



HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000