100m走でボルトに勝つ方法



最近、高校生の進路面談を多くしています。

大学や専門学校の入試を見据えた話し合いです。



将来から逆算して、どの大学へ、

学校の成績が必要な推薦受験で入るのか、

学校の成績が必要ではない一般受験で入るのか、

分かれ道に居る生徒と話をするわけです。

それによって今後の進め方や、

重視するポイント、道筋が変わってきます。



高校一年生には、

まず学校で指定校リストを見せてもらうように言います。

例えば、いくら成績をとっても、

指定校リストに志望校となる場所がなければ、

結局は一般受験になりかねませんからね。



先を見て、

自分が行く道を、行く方向を、

絞り込む。

高校生は特にこれが大事です。

推薦で合格するにしても、一般で合格するにしても、

先は見据えなければなりません。



なぜなら、大学受験では、

大学ごとに受験の仕組みも、科目も、重要なポイントも違うから、です。

指定校推薦でも、一般推薦でも、AO入試でも、一般入試でも、

センター利用入試でも、TEAPといった検定を利用するにしても、

前もって情報を得て準備することが大事です。

そして、嬉しいことに、その戦いはいつからでもスタートが出来ます。



そう。

100m走でボルトに私が勝つ唯一の方法は、

スタートを先にすることです。

まぁ、余裕を持って10分前にしておけば、楽勝ですね。



本当の100m走でそれをやったら怒られますが、

安心して下さい、大学受験では怒られません。

むしろ、褒められます。

スタートするなら、早い者勝ちです。



そんなことを伝えたくて、

面談の資料を作ってみましたが、

体育学部志望のNくん以外には刺さりませんでした。

悔しいので、ブログに投稿です。



本日もHOMEにお越し頂きありがとうございます。

遅いより、早いほうが良い。ほとんどのことは、きっと。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000