陣痛の意味



今回は誰もが経験したことのある、こんなお話。



赤ちゃんを産むとき、陣痛というものがある。
陣痛は、初産で約24時間。2人目以降で約12時間続くものらしい。
妊婦さんの中には、この陣痛がとても苦しいので、

「産む側は大変、赤ちゃんは生まれてくる側でいいなぁ」と言う方もいるらしい。


しかし、助産師さんはこれは大きな勘違いだと言う。

赤ちゃんの方が、妊婦さんの何倍も苦しいのだと。


実は、子宮は筋肉であり、これが収縮したり緩んだりするのが、陣痛の正体らしい。

陣痛が始まり、子宮が収縮すると赤ちゃんは首のところを思い切り締め付けられ、

へその尾からの酸素が途絶え、息ができなくなるそうだ。

子宮の収縮は約1分間。その間思い切り首を締められ、息ができない。

1分たてばまた子宮はゆるむが、また陣痛が来れば1分、息ができなくなる。

しかも陣痛の間隔はだんだん狭くなる。

この陣痛に耐えられなければ、赤ちゃんは死ぬ。まさに命懸けだ。

だからこそ、赤ちゃんは慎重なのだという。


実は、陣痛がおこるためには陣痛をおこすホルモンが必要らしいのだが、

このホルモンを出しているのは、お母さんではなく、なんと赤ちゃん自身。

赤ちゃんはとても賢く、自分自身で自分が今陣痛に耐えられる体かを判断する。

そして、一番いいタイミングで、自分の生まれてくる日を選ぶ。

また、急に激しい陣痛を起こせば命が危いので、

最初は陣痛を起こすホルモンを少ししか出さず、

様子を見てホルモンの量を調整するらしい。


赤ちゃんの中には、予定日を過ぎても、なかなか生まれてこない赤ちゃんもいる。

途中で陣痛を止める赤ちゃんもいる。

そういう赤ちゃんを「うちの子はノンビリしてる」なんていうお母さんもいるけど、

そのとき赤ちゃんは必死なんだという。

生まれて来ないのは、赤ちゃんが「今の体では陣痛に耐えられず死んでしまう」

と判断しているからだそうだ。


赤ちゃんはみんな、自分で判断して、自分の意志で生まれてくる。

「生まれたくて生まれたんじゃない」なんて人はいない。

すべての赤ちゃんは、その日を自ら選んで生まれてくる。

生きるか死ぬかの狭間の中、あの小さな体で必死に生きようと頑張っている。


子供を授かることと同じように、

出産は母親にとっても赤ちゃんにとっても、

すべてが奇跡の連続で成り立っている。


あなたの誕生日も、あなたが命を懸けて、選んだ日。

そう考えると、自分の誕生日が本当に特別な日なのだと、

改めて実感できるのではないでしょうか。




競争する事も、比べる事も、闘う事も、勝負する事も、

人生ではすごく大切です。

でも、一番大切なのは、あなたがあなたらしく生きる事です。

これはあなたの人生ですから。

あなたが、選んで生まれてきた人生ですから。

どんな人生にしたいのか考えましょう。

お手伝いします。



今日は講師たちと旅行中です。

その模様はまた今度。


HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000