【簡単に説明する大学入試改革】未来の話をしようか



2015年は「3人で1人の高齢者を支える」時代。

そして、2050年は「1.3人で1人の高齢者を支える」時代。

(日本 高齢社会白書)



2011年にアメリカの小学校に入学した子どもたちの65%は、

大学卒業後、今は存在していない職業に就く。

(ニューヨーク私立大 デビットソン教授)



今後10〜20年程度でアメリカの総雇用者の約47%の仕事が、

機械に取って代わられる高いリスクがある。

(オクスフォード大 オズボーン准教授)






現代は、超激動の時代です。



変化、変化、変化。

今の世の中は何が起こるかわかりません。

ちょこっと先の未来の予想も予測もできません。

社会でも、創業以来赤字を出したことがなかった、

三井物産や三菱商事が2016年3月決算最終赤字。

安定しているものなど何もないのかもしれません。



そんな時代の教育も、やっぱり変わらねばなりません。



そこで出てくる重要なキーワードが「大学入試改革」。

簡単に言っちゃえば、センター試験が廃止されて新しいテストができるってことです。

名前は「大学入学希望者学力評価テスト」。略せば学力評価テスト。

もう決まったことだけまとめてみましょう。



  • 2020年から実施
  • 回答形式はマークシート式と記述式
  • 国語と数学で記述式が出題(国語優先)
  • 記述式は自由記述ではなく条件付きの短文記述。
  • 英語は民間の資格検定試験も活用。4技能が問われる。



年に複数回予定が年1回になりそうだったり、

どれだけ合科目型になるのか、など

まだまだ不明点は沢山ありますが、

とにかく、新時代のテストが始まるのです!






CHANGEは、少し変えるだけで、CHANCEになる。



今の子どもたちが大人になる頃、

「あー日本で教育を受けてよかった!」って言えるような、

思えるような、

そんな教育に、そんな国に、なるといいな。



大学入試改革は、その為の、大きな一歩。

頼みますよ、日本が誇る教育者の皆様!

その何処か片隅で、私たちも頑張りますよ!民間教育の意地!



生徒諸君。

君たちの未来は確かに不安定で、不安で、先が見えないね。

でもきっと、だからこそ、楽しいね。

可能性は、無限大。ワクワクするね。

ワクワクしながら、そう、わからないからこそ、

未来の話をしようか。



本日もHOMEにお越し頂きありがとうございます。

たくさん、話そう。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000