勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

記事一覧(1966)

努力の成果はすぐには出ないことの方が多い

例えばテストでいい点数を取ろうと必死で努力をしたとしましょう。やり方も悪くない。自分なりに精一杯やった。でも、結果が出なかった。そんな経験きっと誰もにあるんじゃないでしょうか。だけど、努力ってそういうものなんです。努力しても結果が伴わないことはある。有名漫画の名言でもこんな風に言われていますね。努力した者が全て報われるとは限らん。しかし!成功した者は皆すべからく努力しておる!!努力が成果に結びつかなかった理由の一つとして、努力は身になるまで時間がかかることが挙げられるでしょう。例えば上記の数学の学習系統図を見てください。数学や英語はよく積み重ね科目と言われます。今の内容の勉強をするために、過去の内容の必要度合いが高いものをそう呼びます。表を見てもらうとわかる通り、数学は算数からずっと線が続いていますね。この線の何処かに穴があると、今の内容に支障が出ることも。だから、まずはそこを塞ぐことが大事なのですが、それには膨大な時間がかかります。ちょっとやそっとの努力じゃそこは埋まりません。また、勉強の中身だけでなく、思考の仕方や目の付け方や細かい時間の使い方など、長い時間をかけて鍛えられる部分もあります。そういった部分が、努力しても成果が出なかった理由になり得ることが多いのです。え?じゃあどうすればいいのって?簡単です。まずは結果から自分の課題を分析して、それを克服する努力をしていけばいいのです。間違っても腐ってはいけません。努力の成果が出るのはもう少し後。今はその努力を続けましょう。ただし、何が足りていないのか見当をつけてから進むのがベストだと思います。本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。そして結果が出なくてもどこかでつながるから努力は面白い。

頑張れる環境を自分で作ること

大谷翔平選手のMVP受賞が話題です。いやはや、誰もが無理だと考えていた扉をこじ開け、漫画以上の活躍をされたわけですから、満場一致での受賞も納得ですよね。おめでとうございます。大谷選手の努力や活躍はもちろん凄いのですが、実は他にも「凄いなぁ」と学べるところがあります。その一つが、大谷選手が所属するエンゼルスの環境。どういう交渉のもとだったのか詳しいことはわかりませんが、球団側からのシーズン中の練習の指示はほとんどなかったのだとか。ある程度自由に任されていたのでしょう。そんな環境に身を置けたのも、大谷選手の活躍の要因であり、また凄いところだと思います。自由には責任が伴いますし、プレッシャーもかかります。だけど、その道を選び、貫いた。そして結果を出した。人にはそれぞれ結果を出しやすい環境というものがあると思います。ただ、その環境に身を置けるかどうかは運次第だったりします。でもそれを自分で作ることができたら。それには自分のことを自分が理解していなくちゃいけませんし、覚悟も重圧も伴いますが、結果を貪欲に求めるのなら、狙ってみる価値はありそうですよね。自分に有利な場所を作って戦う。考えてみたら孫氏の兵法にもありそうです。勉強に置き換えるなら、自分が勉強しやすい環境を作って勉強するってことですね。あなたが覚悟を決めたら、親や塾や自分自身と対話して、早めに創りあげてしまいましょう。自分が最大限力を発揮できる場所を。本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。二刀流にとっていい環境は手探りだけど、勉強にとっていい環境はわかりやすいね。