平成最後のお正月に「第二の家」のLINE@を作りました


タイトルですべてを物語っている感じになってしまいました。


このブログでも初めて「平成最後」というフレーズを使ってみましたが、どうでしょうか、なんだかタイトルの価値が高まりましたでしょうか。


どうせ来年は「●●(新元号)最初のお正月」とか言ってるんでしょ、って思いました?僕はちょっと思いました。


そんなわけで、LINE@を作ったよという告知です。

このボタンを押すと勉強犬とお友達になれるそうです。


そうそう、そういえばボタンで思い出したんですけど、ボタンって、ついつい押したくなるボタンとあんまり興味がわかないボタンがありませんか?


いや、押すとどうなるかという効果は関係なく、ボタン自体の魅力で、という意味です。


例えば、赤い大きめのボタンって押したくなるじゃないですか。そんな見かけ上のお話です。押したくなるボタンと、別に押したくないボタンの差って、一体なんなんだろう。色なのかな。あ、そういえばボタンって英語だとpush-buttonっていうらしいですよ。日本語だと押釦(おしぼたん)と書くそうです。


え?ボタンの話はどうでもいい?


失礼しました。LINE@の告知でした。

これ僕はしばらく「ラインアットマーク」だと思っていたんですが、「ラインアット」なんですよね。後輩に指摘されて恥ずかしい思いをしました。


「ちょっと丁寧に言ってるんだからいいじゃん」とその時は思いましたが、語感というのは大事ですもんね。人間、音の響きで気持ちよくなったり悪くなったりしますからね。


音といえば、ボタンを押した時の音って大切ですよね。


「カチッ」みたいな音が鳴ると最高。「押したぜ!」って気になります。ああ、なるほど。押したくなるボタンはあの「カチッ」を期待しているのかもしれない。


見た目で「カチッ」って鳴りそうなボタンって、何度も押したくなりますもんね。カチカチ言わせすぎて壊れるんじゃないかってぐらい押す人いますよね。あれ、ボタンはどんな気持ちなんでしょう。嬉しいのかな。悲しいのかな。


「ボタンの気持ちなんて関係ない!大事なのは、自分がどうしたいかだ!」と誰かの熱い叫びが聴こえる。「でも…相手の気持ちだって大事だわ」とまた誰かの声が聞こえる。この世の中はいつもそう。すべてのことに色んな側面があるんだ。正解は一つじゃない。大事なのは、何を選ぶかだ。その選択肢は、いつだって自分自身が持っている。選ぶ権利も君のもの。そう、君こそが、物語の主人公なんだよ。


………。


おっと、大変失礼いたしました。謎の世界に入り込んでしまいました。そう、LINE@を作ったよというお話でした。

これを使ってどんなことをするかいろいろ考えているのですが、とりあえずはブログの更新告知をお伝えしていければと思います。


そして、今後は更新情報だけではなくて、登録していただいた方に効果的な情報をお送りできればと考えておりますので、よかったら登録してやってください。僕も愛犬も喜びます。


あ、効果的といえば、上記では「押すとどうなるかの効果は関係ない」なんて風に言いましたが、やっぱりボタンを押したらどうなるのかって気になりますよね。


ボタンを押したら何が起こるのか。それを知らぬままボタンを押すって、けっこうドキドキしますもんね。


今、目の前にあるボタン。押したらどうなるのかな。


どこかで素敵な箱が開くのかも。


あ、あけましておめでとうございます。


素晴らしい年が始まりました。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

今年もどうぞよろしくお願い致します。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000