子どもたちに知ってほしい、本当に失敗したくない時に活かせる失敗の仕方


僕の好きな言葉に「失敗しない人は何もしない人」というものがあります。


暗に「失敗は悪いことじゃないよ」って伝えている言葉なのですが、それってもう結構多くの人が知っていることでもあると思うんですよね。


かの発明王エジソンだってこう言っています。

「失敗は積極的にしていきたい。なぜなら、それは成功と同じくらい貴重だからだ。失敗がなければ、何が最適なのかわからないだろう」


それでも、世の中に失敗を怖がる人は沢山います。僕だってまだちょっと怖いです。


もちろん、「ここで失敗したら終わりだ…」みたいな局面での失敗は命取りになることもあります。でも、そんな場面そうそうありますか?


あえて強めに言ってしまえば、「あんたが失敗してもしなくてもどっちでもいいよ」みたいな場面の方が、人生生きていてよっぽど多いと思います。


そんな「どっちでもいい場面」で萎縮して挑戦の機会を逃すのは勿体無い。


失敗してもいい場面で、だけどちゃんと成功を目指して頑張って、だけどやっぱり失敗しちゃう。そんな経験は、成長という名の宝物をくれます。集められるだけ集めればいいのです。


挑戦の機会が増えれば、少しずつ少しずつ上手になって、何十回の失敗の後に、一回の成功に出会えるかもしれません。失敗したから、成功できる。それで万々歳ですよね。


それに失敗は課題を教えてくれます。なぜ失敗したのかを考えることで、成長のヒントが貰えるわけです。失敗を恐れてやらなければ、いつまで経ってもヒントは貰えません。


だから、失敗できるときはいっぱい失敗しよう。いっぱい失敗するために、いっぱい挑戦しよう。もちろん、成功を狙ってベストを尽くしてね。成功を本気で目指して、失敗しよう。


それが、人生に数回しかない「本当に失敗できない時」に、ちゃんと活きてくるよ。




そんなお話をRPGツクール好きな小5の生徒に話したら、目を丸くして彼が言いました。


「RPGでは負けると経験値貰えないんだけど、現実では貰えるんだ」


うん、なんという名言。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

さぁ、今日も経験値稼ぎ。




「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000