勉強しているのに成績や学力が上がらないのは、本当の勉強をしていないから!?


「経験値を貯めるとどうなるか知ってる?」


生徒にこう尋ねると、全然ゲームなんか興味ないって子でも、


「レベルアップする」とか「強くなる」とか返してくれます。


「じゃあ、勉強の経験値ってどうやって稼ぐか知ってる?」と訊くと、


大体「勉強する」と返ってきます。そりゃそうだ。でもね、


それはきっと、「野球が上手くなるにはどうしたらいい?」という質問に「とにかく野球しろ」と言っているぐらい安直な答えで、


僕や君が欲しい答えではないのかもしれないね。


勉強だけしていれば、学力が上がるわけじゃない。


もっと言えば、君が勉強って思っている勉強は、勉強じゃないかもしれない。


いつになく挑戦的なタイトルで、若干僕自身ビビりながら続けます。



それ、本当に勉強?



「勉強っぽいけど、勉強じゃなさそうなことってなんだろう?」


何人かの生徒に聞いてみました。


出てきたのは以下のような回答。※あくまで生徒の回答です。賛否は置いておきましょう。


  • なんか100個ぐらい同じことをとにかく書く
  • 右にあるもの、左にうつす
  • そのまま、まとめる
  • できたと嘘をつく
  • カンニングする
  • 教科書広げてぼーっとする
  • 何かしながらやる
  • 全然関係ないことをやる
  • 走る


まぁ、走ってる時点でもう勉強っぽくもないんですが、僕も概ね同意です。


こういうことをしているにも関わらず、時間だけは過ぎて頑張った感だけは残るので、やった気だけは溢れて、それでもってテストの点数が上がらないと、「私はバカだ」「僕はできない」と言い出すんですよね。



違う。



あなたはバカでも、君はできなくもない。なぜテストの点数が上がらないか。答えは簡単。テストの点数が上がるように、君の学力が上がるように、そういう風に勉強してないからだよ。


ここで、最新の「勉強経験値の貯め方」を見てみましょう。



ね、


せっかく勉強しているならさ、やった時間分だけ成長したいじゃん?


勉強している自分に、問いかけてみよう。


ちゃんと脳みそに負荷かけてる?


目的を持ってやってる?


間違ったらもう一回考えて、わからなかったら調べて、一人でできるようにしている?


自分でテストしてる?


繰り返してる?


君がやってもやってもやってもやっても学力が上がらないのは、


テストの点数や成績が上がらないのは、


勉強していないからだよ。


もしくは、今は勉強できているけど、今まであんまり経験値貯めてなかったから、


今の段階じゃ相手の問題のレベルに達してないんだよ。


どちらにしても解決策はただ一つ。


続けよう、正しい勉強を。


経験値を貯めて、レベルアップしよう。その先に、


君の目標達成が待っているよ。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

あえてちょっと強めにね。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000