頑張らないで結果が出ることの何がまずいかを書いてみる


まずは簡単な質問です。


  1. 頑張って結果が出る
  2. 頑張って結果が出ない
  3. 頑張らないで結果が出る
  4. 頑張らないで結果が出ない


こと勉強において、一番危険な選択肢はどれだと思いますか?シンキングタイムもなく僕個人の考えを述べてみますね。


3です。3が最も危険だと考えます。


まず1はおめでたい。素直に自分の頑張りを認めてあげましょう。グッジョブ。


4はもうこれ当たり前です。危険は危険ですが、理由ははっきりしているので対処しやすいです。次に活かしましょう。


2は悲しいですが、こういうこともあります。折角失敗したのだから、何がいけなかったのか、よく考えて課題を見つけましょう。それが今後につながります。


さぁ、そして、僕が一番危険だと考える3は、いったい何がまずいのか。


そのまずさの説明をする時に、こんな概念を使いたいと思います。勉強経験値。


名前の通り、勉強して貯める経験値のことです。これを貯めるとレベルアップして、できることが増えていきます。


さて、話を元に戻しましょう。3の「頑張らないで結果が出る」の何がまずいかということでした。


たしかに「結果が出ているわけだから良いじゃん」と言いたくなるのもわかります。でもね、人生は結果を出して終わりではないのです。まだまだまだまだ続いていきます。


「頑張らないで」ということは、経験値貯めてないわけですよね。レベルアップしないまま、そして実力が足りていないということに気付きもしないまま、先に進むということです。


各々、RPGで考えてみるとその怖さが一目瞭然です。わかりやすいように魔王城手前のボス戦で喩えてみましょう。


1は、コツコツレベルアップしてボスモンスターを倒しました。いざ魔王城!最終ダンジョンで敵も手ごわいですが、きっといい戦いができるでしょう。


2は、頑張ってボスに挑んだけどやられて己の力不足がわかりました。失敗から学び、もう一度力をつけて挑みましょう。


4は、「あ、そりゃそうだ」と気付けますね。ボスモンスターを倒したければ、まず努力あるのみです。


3は、ボスが腹痛だったか、なんと本来のレベルには全然足りていないのに、たまたまボスモンスターを倒せてしまいました。次のステージ、魔王城にはもちろん更なる強敵たちが待ち受けます。そこへ、今のレベルでは危険ということがわからず乗り込むのです。もしかしたら、なまじ結果が出ている分「余裕だぜ」ぐらいに思っているかもしれません。もうボコボコにやられます。そして、レベルを上げようにもちょうどいい敵も周りにおらず、身動き取れなくなって詰んでしまうのです。世界はいつまでたっても救えません。


どうでしょう、怖さが実感できたでしょうか。


改めて、大事なことをお伝えしておきますね。



勉強において、結果はもちろん大事。でも、その過程はもっと大事!



だと僕は思います。だって、人生は続いていくからね。


サッカー選手の本田圭佑さんが、似たようなお話をしているのを最近見つけました。シンプルでわかりやすくてすごく良かった。「努力と結果のお話」。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

だからさ、いつだって過去最高の自分になれるように、自分のすべきことを一生懸命頑張ろう。僕らは、失敗からですら学べる。




「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000