勉強してもすぐに学校のテストの点数が上がらない理由を、勉強経験値で説明する


「今回テスト勉強頑張ったけど、点数上がらなかった。やっぱり私、勉強できないんだ」


そうして手を止める子に届けたいお話を、今日はしたいと思います。


勉強を頑張っても、すぐに成績が上がらない理由。


いやもうその子自身だってなんとなくはわかっているんでしょう。


ただそれを勉強しない理由にしているだけ。それってすごく勿体無いですよね。


RPGゲームのレベル上げのように、続けていけば誰だって成長できるのが勉強。


だから、まだまだ足を止めずに歩み続けよう。


勉強の世界に近道や魔法はない。でも、だからこそ、君のその一歩にすごく価値がある。


君の努力に、ちゃんと意味はある。


そのことを忘れずにいてね。




勉強してもすぐに成績が上がらない理由



というわけで、その理由を簡単に説明していきましょう。


ちなみに、「そもそもやる内容が間違っている」とか、「勉強しているって言ったけど実際はしていない」っていうのは今回の趣旨から外れるので、割愛します。


今回説明するのは、「勉強する内容は適切」で、「ちゃんと頑張った」のに、成績が上がらない理由です。


ここでいう「成績」とは、わかりやすいように「学校のテストの点数」としますね。


では、早速説明を始めましょう。


その説明には、「勉強経験値」の考え方を使います。



勉強経験値は、正しい勉強をすることで貯まっていきます。


これが貯まると、レベルアップします。あなたはどんどん勉強ができるようになります。


対して、学校のテストを「敵」と仮定すると、


その「敵」も、どんどんレベルアップして強くなっていきます。


一年生の初めの敵(テスト)のレベルを5とすると、次の敵(テスト)では10、そのまた次では20とどんどん上がっていきます。


もうお分かりですね。


一年生のうち、なかなか勉強を頑張らずに、レベル5のままできた子が、二年生のテスト前にめっちゃ勉強頑張ったとしても、上がるレベルはたかが知れています。


5が10になるかもしれません。いや、20かもしれません。


でも、相手は50ぐらいです。勝てるわけありません。ボコボコにされます。


そりゃそうなのに、「やっぱり私はできないんだ…」と自信をなくすわけです。


いやいやいやいや、今回の頑張りで着実にレベルは上がっているよ。でも、まだ足りないだけだよ。だから、この調子で頑張っていけば、ちゃんと倒せるようになるよ。ということです。


勉強レベルって、目で見えないから、わからないんですよね。


もちろん、一気にレベル上がる子もいるし、すぐに結果が出せる子もいます。でも、全員がそうじゃない。そのことを知っておくだけで、「できないからやめた」は誰にとっても意味がないことがわかりますよね。


だからこそ大事なのは、結果が出なかったテストをきちんと分析して、「なぜできないのか」自分の勉強レベルをきちっと測ることです。


一人で難しれければ、信頼できる先生と一緒に分析してみましょう。


そこに、あなたがより強くなるヒントが隠されていますよ。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

レベル上げってつまんないけどさ、大事だよね。それで、ボスを倒せると嬉しいよね。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000