子どもから見た親の嫌なところ


こんにちは、勉強犬です。


本日は、「ぼくから見た、お父さんとお母さんの嫌なところ」という詩をご紹介したいと思います。早速ご覧ください。





ぼくから見た、お父さんとお母さんの嫌なところ。




ぼくには「勉強しろ」って言うのに、自分は全然勉強しない。


ぼくには「あれやれ、これやれ」って言うのに、ぼくの「あれやって、これやって」は聞いてくれない。


ぼくには怒ってばかりなのに、外では笑ってばかりいる。


ぼくにはやるべきことを先にやれと言うのに、自分たちはお皿溜まってるのにTVを見てる。


よく「人と比べないの」と言うのに、よく隣の家の子と比べられる。


ぼくに色々選ばせるのに、思い通りのものを選ばないと嫌な顔をする。


食べ物の好き嫌いを注意してくるのに、自分はよくニンジンを残す。


ゲームを買ってくれるのに、ゲームをやっちゃいけませんって言う。


「知らない」と言うと「調べなさい」って言うのに、「知らない」って言っても何もしない。


ぼくが「これがいいよ」ってオススメされたものに興味がないと機嫌が悪くなるのに、ぼくがオススメしたものにはあんまり興味がなさそうに見える。


習い事は続けなさいって言うのに、「ダイエットは続かない」と愚痴を言っている。


よく「嘘はいけません」って言うのに、けっこう居留守を使っている。


静かにしなさいって怒るのに、自分はうるさい。


「本を読んだ方がいいよ」って言ってくるのに、本を買ってくれない。


一人で寝れるって言っているのに、みんなで寝ようとうるさい。


お金がないってよく言うのに、レストランで「好きなものなんでも食べていいよ」って言う。


ぼくから見た、お父さんとお母さんの嫌なところ。


こんなにいっぱい嫌なところがあるのに、でも、大好きなところ。







書きながら、読みながら、自分の胸に突き刺さるような言葉の連続でした。


大人ってついつい自分目線になりがちなんですよね。大人の目線と子どもの目線って、物理的にも違いますから、時折ビックリさせられることがありますよね。この詩にある通り、はたして自分の言っていることとやっていることが相反していないのか、僕も気をつけたいと思います。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

肝に銘じながら、子どもたちへの指導を続けていきます。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。