受験前や入試当日の注意点をまとめて3つ書いておきます


人間って感情の生き物です。感情一つで、パフォーマンスが大きく変わります。


もちろん、どんな感情の時にパフォーマンスを最大化できるかは人によって違うでしょう。パン派の人もいればご飯派の人もいる。同じように、ベストパフォーマンスができる状態というのも人によって違うものです。


ある人は追い込まれたほうがパワーを発揮するでしょうし、ある人は余裕がないとポンコツになってしまうかもしれません。


自分のベストを発揮しやすい状態を知っておく


そんな風に、今までの人生やこの受験を通して、ちょっとでも自分のことが詳しく知れるといいですね。


ちなみに、上に書いた「余裕がないとポンコツになる人」は僕なので、昔の僕に宛てるつもりで、受験当日やその近くに気をつけるべきことを書いていこうと思います。心持ちや持ち物についてです。




1、基本はいつも通り



勝負事の前後で大切なのは、「いつも通り」だと僕は思っています。どうしても「いつも通り」にならない日だからこそ、「いつも通り」が大切なんです。


これはつまり、脳や体に余計な負担をかけないということですね。その日だけ気合を入れて早起きするとか、縁起を担いでカツを食べるとかやめましょう。脳や体がビックリしてしまいます。


遅くとも一週間前ぐらいからは、受験スタート頃に頭が冴えているように、生活リズムを整えておきましょうね。一夜漬けとかももちろんオススメしません。


教材とかもそうですよ。いきなり新しい教材で練習をするより、受験直近はなるべく慣れ親しんだ教材で確認メインで勉強するようにしましょうね。


また、食べ物に関しては、こちらの記事でも紹介しています。そこまでナイーブにならなくてもいいとは思いますが、参考になれば幸いです。


大切な日の基本はいつも通り。


逆を言えば、ベストパフォーマンスするための「いつも通り」を、普段から意識しておけということです。


次に参りましょう。




2、予期せぬことは起こる



誰一人として、未来がわかる人はいません。


だから、「予期せぬことは起こる」という考えを、頭の片隅にそっと忍ばせておきましょう。それを持っておくだけで、実際に何か起こったときに多少落ち着いて行動することができます。


腹痛。電車の遅延。道に迷う。忘れ物。問題傾向の変化。悪天候。いくら想像を巡らせても、突然の雨のように、想定外の事態というのは意外と沢山起こるものです。「それは困る」と泣きそうな心配性のあなたに、こんな安心する記事を贈りましょう。


リセマムさんにこんな記事が載っていました。『約2割の受験生が当日トラブル発生…合否に直結せず』。


「お腹を壊した、電車に遅れた、道に迷った等の受験当日のトラブルは合否に影響がない」というアンケート結果です。また、緊張度合いも合否には大きな影響がないことがわかったと記事には書かれています。


これは安心ですね。


ちなみに、ひたすら心配性の僕は、何か大切な日にはよく「死にはしない」と「状況を楽しめ」という魔法の言葉をひたすら唱えています。ちょっと落ち着きます。


たった一つの発想の転換、パラダイムシフトで弱くも強くもなれるのが僕ら人間ですから、有効活用しましょうね。




3、今できる最高の準備を



人間生きていると、「勝負の日」というのが何度か訪れます。


今回の受験もその一つで、もしかしたら初めての「勝負の日だ」と感じている人も多いかもしれませんね。勝負の日への準備の仕方は簡単です。「いつも通りに」「予期せぬことは起こる」と頭に入れながらも、今の自分が出来得る限りの最高の準備をしましょう。


最後の最後まで、手と頭を動かし、可能性を1%でも上げようとすること。不安や孤独と闘いながらも、まず自分の中に光を見出すこと。支えてくれる人たちへの感謝の気持ちが自分の大きな一歩へと繋がること。必死で準備すると、今まで気付けなかったものに気付いたり、知らなかったことに出会えたりします。もがいて、苦しんでいいんです。


他の誰でもない、自分にとって、最高の受験になるように。僕を含め、「外野は黙ってろ!」という精神でも構いません。自分なりの最高の準備を目指し、実践していきましょう。


その経験が、その後の人生でも大いに役立つと思います。


あなたが、ベストを尽くせますように。




最後に、持ち物リストを載せておきます。プラスアルファ必要なものがある場合は、書き加えて必ず前日や当日にチェックしておきましょうね。


□受験票(念のため写真も)

□身分証明書(学生証や生徒手帳)

□筆記用具(鉛筆、消しゴム忘れずに)

□時計(アラームなどの解除を忘れずに)

□現金・ICカード

□試験会場への地図

□ハンカチ・ティッシュ

□携帯電話

□薬(頭痛薬や胃腸薬。なるべくいつも使っているもの)

□防寒具・カイロ・マスク(上着や靴下や雨具あると安心。会場が暑いか寒いかわからない)

□お弁当・飲み物(消化にいいもの。いつも通りのもの)

□軽食(チョコレートのど飴など)

□問題集・参考書(いつも使っているもの)

□お守り(必要であれば)



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

「死にはしない」「状況を楽しめ」落ち着く人はぜひ使ってください。


「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します↓

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。