【映画評論から学ぶ】Beauty and the Beast「美女と野獣」大人の感想文4



アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品を、ディズニーが待望の実写リメイク!

過去にも実写化はありましたが、配給先や制作がディズニーなのは今作品が初!

話題づくしの超話題作「Beauty and the Beast」(美女と野獣)を観てきました。



まだ観ていない方用の感想は次の一言で十分でしょう。

「エンドロール終わりまで満員の観客が誰も席を立ちませんでした」。

それほど音楽も映像も圧巻でした。

映画館で観ることを推奨致します。



誰もが知っているストーリーにも関わらず、

こんなに満足させてくれるのはさすがディズニー!

野獣がイケメン過ぎるのが少し気になりましたが、

何度も観たくなる仕掛けもあって、家族みんなで何回も楽しめる映画ですね。

DVD買おう。




さぁ、ここからは大人の感想文第4弾!

ネタバレありですが、感想を読んで興味ない人が見たくなってくれたら幸いです。




ここから感想です。

例のごとくだいぶ勝手に考察しておりますので、

「それは違うんじゃないかなぁ」と思っても、

一意見だとしてお気になさらずにお楽しみいただければ幸いです。



個人的なこの映画のテーマは「永遠の物語」。

圧巻の物語、そこには永遠の愛、そしてもう一つの「永遠」が秘められていました。

そして、音楽や映像の美しさはもちろん、

その影に隠れた本当の美しさが心にとっても響きました。

では、参りましょう!



何はともあれ、まずこの主題歌は最高。



続いて、メインキャストのお二人。

美女のベルを演じるのはクールビューティーが似合うエマ・ワトソン(さん)!


笑い方で一瞬ハーマイオニーを思い出すのはご愛嬌。

文句なしの美人でした。歌もものすごい!

とっても努力家なんですってね。




そして野獣。


慣れてくると人間の時よりこっちの方が格好いい。

なんて声も聞こえてきそうなくらいカッコイイ野獣でした。

食べ方が変わったり、ベルへの声のかけ方に困ったりする姿は、

とっても可愛らしくも見えましたね。



美女と野獣の二人はもちろん、

魔女の魔法で食器や家具に変えられた城のみんなが、

物語を面白くしたり盛り上げたり、

そして最後には感動させたり(ラストの感動シーンはアニメにはないんですよ!)、

所狭しと画面を動き回り、コミカルあり涙ありで、超ハッスルしてましたね。

キラキラワクワクが彼らのお仕事。

あ、ちなみに、

この夢と魔法の物語の中で、魔法をかけられて置き時計にされた執事コグスワースは、

同じく夢と魔法の物語『ロード・オブ・ザ・リング』では魔法使いでした。

名優イアン・マッケランさん。だからどうした、ですが。



ちなみに、上映時間はアニメが1時間30分ぐらい。

今回の実写版は2時間とちょっと。

アニメにはないシーンや細かい描写が所々追加されていましたが、

美女と野獣のダンスシーンは、

カメラワークやカット割り含めてアニメを忠実に再現しているそうです。

制作陣の意気込みが感じられますね。アニメもまた見たくなってきましたね。



見かけは醜い野獣。

でも、とっても美しい心を持っている。

だけど、人は見かけで判断してしまう生き物。

村の人々は逞しくて美しい村のスターの言葉に乗せられて、

野獣を恐れ攻撃する。その姿はまるで野獣のようです。

それを救うのは、決して見かけで野獣や城のみんなを判断しなかったベル。

物語の語り部でもある魔女は、そんな二人の心の美しさを前に、

自分がした約束を破ってまで、ある決断をするのです。

人は誰かのために何かをする時に、一番力を発揮できる。

そして、人を動かすのはやっぱりいつだって、人の想いだ。

あ、今回動かされたのは魔女だけど。



物語は、いつだってそれを楽しむ者たちのために創られます。

楽しくワクワクしながら、そして時に感動しながら、

僕らがこの物語から学べるただただ美しいその愛や心は、

僕らがずっとずっと大切にしなくちゃいけないものなのかもしれませんね。



さて、そんなことも踏まえて、

最後に注目するのはこの映画の主題歌の歌詞です。

今回の感想文のテーマは「永遠の物語」でした。

ここで、一緒にこの映画に隠されたもう一つの「永遠」に触れてみましょう。




Tale as old as time

True as it can be

Barely even friends

Than somebody bends Unexpectedly

これは古い物語
でも本当のこと
友人ですらなかった二人
突然、誰かが二人の運命を変えたんだ



この主題歌は当然ながら、主人公二人の美しい愛について歌っています。

ディズニーらしいシンプルで力強い歌詞ですね。

壮大な旋律と比喩を使って、二人の物語が語られていきます。



Just a little change

Small, to say the least

Both a little scared

Neither one prepared

Beauty and the Beast

それは本当に小さな変化
言葉に出来ないほどの
二人とも少し臆病で
心の準備なんてしていなかった
そんな美女と野獣



二人の心が少しずつ近付いていく様子が繊細な言葉で綴られていますね。

さて、本題ですが、

この歌詞の中には、表に出ている美女と野獣二人の美しい「愛」はもちろん、

その裏に隠された大きな美しい「愛」の存在があるのです。と私は思うのです。



Ever just the same

Ever a surprise

Ever as before

Ever just as sure

As the sun will arise

いつの時代も同じように
いつでも突然で
今までと同じように
ずっと確かなこと
太陽が昇るのと同じように



そう、これは古い物語。

いつの時も変わらないものを、伝えている。

それは二人の愛だったり、

美しい音楽や映像で描かれる心の美しさだったり、

どんな時代も変わらない人の素晴らしさや怖さだったりする。

人が居る時を人が永遠と呼ぶのなら、きっとそれらは永遠に変わらないもの。

では、そんな永遠を伝えるこの物語は、一体どこからやってきたのでしょう。



Tale as old as time

Tune as old as song

Bittersweet and strange

Finding you can change

Learning you were wrong

それは時の流れのように語り継がれる物語
旋律とともに生まれた歌
ほろ苦くて不思議な
自分の中の変化を見つけて
自身の過ちに気づく



そうです。この物語は、語り継がれる物語。

1740年にフランスのヴィルヌーヴ夫人によって書かれ、

ボーモン夫人によって改変され世に知られ、

文学になり舞台になりアニメになり映画になり、いくつもの変化・変遷を経て、

語り、歌い継がれていく物語。

そこにはきっと、本当に多くの人の愛があったのでしょう。



Certain as the sun

Rising in the east

太陽のようにたしかなこと
いつでもその陽が東から昇るように



そう、変わることはない。

これは永遠の愛を伝える、永遠の愛で守られた物語。



Tale as old as time

Song as old as rhyme

それは時のように古い物語
音がずっと奏でてきた歌



そしておそらく、これからも永遠に語り継がれていく物語。

そう、その物語の名は、



Beauty and the beast.

美女と野獣




本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

音楽がいい映画はやっぱりいい映画。

城と村の人のつながりは、もう一回ぐらい観てちゃんと確認したいですね。



HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000