【世にも絶妙な「その手があったか」物語】偉人集合!の4つの物語



(暗転。タモリ風の人が語る)




世の中には色んな「そんな手があったか!」が溢れています。

本日はそんな偉人や有名企業の「その手があったか!技」をご紹介。

「その手があったか!」の世界にあなたをお連れします。



(世にも奇妙な物語の音楽スタート)






第一話:発明王エジソンさんの「その手があったか!」:未来を読む



エジソンは考えました。

どうやったら研究費の心配がなくなるか。


電球の実用化に成功したエジソンですが、

考えていたのは「電球で大稼ぎだ!」よりも、もっと先の事でした。

電球が普及すれば、電力が必要になる。


そこでエジソンは電力供給会社を設立し、電気の供給を行いました。

そしてこれが的中。

研究費の心配はなくなり、研究に没頭できるようになりました。






第二話:大監督ジョージ・ルーカスさんの「その手があったか!」:想像力



映画監督のルーカスは、「スターウォーズ」を映画配給会社に持ち込んだ時、

ある交渉をします。

それは、自分の監督としての報酬は低くてもかまわないから、

代わりに作品に関わる一切の権利を譲渡してほしい、というもの。


配給会社は「どうせ売れないマニア向けのSF映画だし、監督代が安く済むならいいか」

とその申し出を受け入れました。蓋を開けてみると、映画は大ヒット。


そしてもっと大ヒットしたのが、キャラクターグッズです。

当時の映画業界では考えられない事でした。

ルーカスはこの収支を元手に自分の映像制作会社を立ち上げました。






第三話:大阪万博での「その手があったか!」:行動誘導



1970年に開催された大阪万博。

主催者はある問題に悩まされていました。

それは、入場時間になってゲートが開くと同時に走り出す人の群れ。

警備員が「走らないで!」といっても効果なし。

いつ事故が起こってもおかしくない状況でした。


そこで主催者が行ったのは、入場者に小さな会場案内図を配る事。

走りながら小さな文字は読めないので、走る人は減ったそうです。






第四話:あるドーナツ屋さんの「その手があったか!」:ゴールから見る



そのドーナツ屋さんは、チラシの配布や派手な宣伝をする事なく、

お店の認知度を上げ、しかも口コミまで起こしました。


その作戦とは「ドーナツの無料配布」です。

しかも、一人に一つではなく、一人に一箱(12個入り)。

ドーナツを配ったのはお昼時。ターゲットはOLさんでした。

箱を受け取ったOLさんは会社に戻ります。

一人で12個は多いですから、オフィスの同僚と分けますね。

「タダで配ってたの」そう言われたらどんなお店か気になります。


たちまち出来る行列。待っている間にもドーナツは配られます。

こうして口コミは広がっていき、

最終的にはコスト以上の売上げとなって返ってきたのです。

ゴールから見て、何をすべきか考えた結果ですね。






先を見ましょう。未来を見ましょう。広い世界をイメージしてみましょう。

一見難しい状況でも、打開策はあるかもしれません。

自分をハッピーにするのはいつも自分です。

そんな考える訓練をするためにも、学生のうちは学ぶことを頑張りましょう。

そこで得た知識や頑張る力は、必ずその先の人生で、

あなたの大きな力となってくれるはずです。



次の「その手があったか!」を生むのは、

あなたかもしれません。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000