ある生徒が泣きながら塾に来た話


ある生徒が、泣きながら教室に入ってきました。


おいおいどうした、と僕はとっても慌てます。


「何でもない」とは言いながら、明らかに何かある様子。


「深刻な話?」と訊くと頷くので、これはしっかり話を聞かにゃいかんと、周りに人がいない状況で落ち着いて改めて質問をしてみました。


すると、返ってきたのは「頑張ったけど宿題が難しくて…」の一言。


「え、え、え」と、こちらが戸惑ってしまいましたが、前回前々回と宿題に対する姿勢を軽く注意した子だったんですよね。わからない問題に対する我慢強さみたいなものの大切さを説いたわけです。


それで今回我慢強くやってみて、でもうまく解けなくて、できない自分が悔しくて、泣いてしまったと。たしかに、その子がやっている問題は、結構難易度の高いものなんです。


とりあえず落ち着かせて、解法の考え方を訊くと、あながち間違っておらず、ヒントも出さずに再度やらせてみると全問正解。間違えた理由は、ちょっとした考え違いと自信のなさが原因でした。


この一連の流れ、本人には悪いですが、僕はとってもうれしかったんですよね。明らかに姿勢が変わったことがわかったから。


「涙の数だけ強くなれるよ」じゃないですが、きっとこの悔しさは彼もしくは彼女をグーンと成長させてくれることでしょう。


嫌な大人ですが、にやにやしながら「え、このこと面談でお父さんお母さんに言っていい?」と訊くと「絶対嫌」との返事(だから、学年も内容も性別もわからないようにオブラートに包んであります)。


「でも、ブログには載せていいよ」と言うもんだから、この通り載せました。いつか時効が来たら、顔写真付きで載せたいと思います。


泣くぐらい嬉しいとか、泣くぐらい悔しいとか、それってとっても素敵なこと。


願わくば、これからもずっと大切にしてね。本気で何かやるってさ、痛みも苦しみも伴うけれど、それ以上の経験を連れてきてくれるものだから。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

帰りは笑って帰ったので一安心。




「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000