神様にインタビューをした話


「今の自分は、神様にお願いして過去に戻してもらった自分なんだって」


何やら生徒が聞いたことのあるような話をしていました。


何でも、おじさん(おばさん)になった自分が自分の人生に絶望していて、その時に目の前に神様が現れて、「記憶をなくしてもいいなら過去に一度だけ戻してやろう。お前の頑張りで未来は変えられるぞ」と言われて、いつに戻るか選択して、戻ってきたのが今日の朝なのだとか。


前述の通りどこぞで聞いたことのあるような話ですが、それでやる気が出るなら、僕らも戻ってきた君のために気持ちよく未来を変えるお手伝いを致しましょう。


君たちが未来でHAPPYになれれば僕らも嬉しい限りですしね。


さて、時を戻したりもできる神様に先日インタビューをしてきたので本日はその模様をお送りしたいと思います。


生徒諸君、神様のお話を聞ける機会なんてなかなかないからね。よく読んで今後の肥やしにするように。


インタビューシリーズ第一弾はこちら。


なお、ここから先は完全なフィクションとなります。適当に気楽に読み進めてくださいませ。



神様から学ぶ大切なこと



勉強犬「こ、こんにちは。はじめまして、勉強犬と申します。本日はその、よろしくお願い致します」


神様「おー、よろしくな。何でも聞いて。ワシ神だから。何でも知ってるから」


勉強犬「私のことやこのブログのことは?」


神様「うーん、知らん」


勉強犬「そ、そうですよね。気を取り直して、早速質問です。今日のためにいくつか生徒たちから質問を集めてきました。一つずつカードに書いてこのBOXの中に入れてあるので、取り出したものを質問していきたいと思います。まず一枚目」



『なんで神様がいるのにみんな幸せになれるわけじゃないんですか?』



勉強犬「こんな質問が来ていますが…」


神様「そりゃもうワシも必死よ。みんなをHAPPYにしようとな。でも、いかんせん手が回らん。ワシ一人に対して人間いっぱいいるからね。だからもう片っ端から救っとるわけよ。どうか質問してくれたその子には、神様も頑張ってるみたいよとお伝え下さい」


勉強犬「神様も大変そうですね。次の質問に移りましょう。何が出るかな」



『神様って必要ですか?』



神様「けっこうヘビーなのくるね」


勉強犬「すみません。うん、これは必要ということで。次に参りましょう」



『進路が決まりません。どうしたらいいですか?』



神様「自分の内なる声に耳をすませてみればよい」


勉強犬「ちょうどその件は以前にも神様に出演していただいております」



『学校に行きたくないのですがやっぱりそれはいけないことですか?』



神様「学校?ああ、そういうのがある地域もあるよな。自由でいいんじゃないか。自分の人生は他の誰でもなく君自身のものだ。私ですら手出しできない」


勉強犬「そうなんですね」


神様「ただ、君の住むその地域に『有難い』という言葉があるように、人が生きていく上で『困難』が『有る』ということはとっても大切なことだ。困難にはなるべく多く出会うこと。それが君自身の素晴らしい人生につながる。もちろん、当たり前のことだが、いくら困難が大事といっても命を天秤にかけるようなことではない。そういう状況になったら気持ちのいい場所へ逃げなさい。私が許す」


勉強犬「有難いお言葉でした」



『神様はやっぱり頭がいいと思うのですが、勉強のコツを教えてください』



神様「んー、それはほら、ワシ全知全能だから」


勉強犬「そ、そうですよね。知らないことはないって感じですか?」


神様「いやいや、知らないことはたくさんある。知識があっても、答えが出せない問はいくらでもあるのじゃ」


勉強犬「おお、急に神様風」


神様「少年もしくは少女よ。勉強にコツなどない。学べ。手を動かせ。頭を働かせよ。考えるのじゃ。まぁ強いて言うなら…」


勉強犬「言うなら…」


神様「誰かにやらされるのではなく、自らやることだな。その方が何倍も楽しいし、何倍も身になる」


勉強犬「ありがとうございます」


神様「あ、そろそろ時間だ。もっともっと答えたいところだが、それはまた次回ということで」


勉強犬「あ、もうそんな時間ですね。貴重なお時間いただきありがとうございました。これからどちらへ?」


神様「火星。じゃあな」


瞬間消える神様。


勉強犬「インタビューする方が目の前から消えてしまったので、このインタビューを終えようと思います。短い時間でしたが、素敵なお言葉が聞けましたね。ちょこっとでも参考になれば幸いです」



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

いろんな意味でお付き合いありがとうございました。








HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000