【神奈川県公立高校の入試の仕組み】内申0でも受かる!?二次選考の秘密



本日は真面目に受験情報をお届けしましょう。



塾では春の面談や春期講習が行われています。

一年間の見通しなどをお伝えするのですが、

そこでよく出てくる質問が、

内申が足りていないと公立高校は受からないのか

というもの。



これにはしっかりとした説明が必要ですね。

というわけで本日のテーマは、「入試の仕組み」。



なるべくシンプルな形でお伝えします。





前置き〜選考方法〜



神奈川県の公立高校入試には、

選考が二段階あります。



これはそのまま「一次選考」「二次選考」と呼ばれます。

この2つの仕組みがわかれば、

神奈川県の公立高校入試の仕組みはほぼわかったも同然です。



それでは、まず「一次選考」の説明から。




一次選考〜入試の王道ルール!〜



一次選考では、

合格者の約9割を選抜します。



選抜に使う要素は、

内申点」「学力検査」「面接」です。

これを学校ごとに定めた選考基準で1000点満点に換算をし、

点数が高い順に上から合格を決めていくスタイルです。

(県内の上位校はこれらの3つの要素とは別に、

 学校独自の「特色検査」という要素が加わります)



選考基準は、

内申点」:「学力検査」:「面接」の比率で示されます。



最も多い比率は、「内申4:学力検査4:面接2」のパターンで、

約半数の学校が採用しています。



学力上位校は、横浜翠嵐の「内申2:学力検査6:面接2」を筆頭に、

「内申3:学力検査5:面接2」と学力テスト重視の比率をとっています。



少数ですが「内申5:学力検査3:面接2」という比率の高校もあります。



幾つかの高校の28年度の実際の基準を見てみましょう。



学校名  内申:学力検査:面接:特色検査(あれば) 



横浜翠嵐 2:6:2:2 【1200点満点】


湘南 3:5:2:1 【1100点満点】


柏陽・希望ケ丘・サイエンスフロンティアetc 3:5:2:2 【1200点満点】


川和 4:4:2 


鎌倉 3:5:2 


七里ヶ浜 4:4:2 

藤沢西 4:4:2 (内申重点化あり。点数の高いものが2倍される)
寒川 5:3:2



毎年多少の変更があるので、

自身が受験の時には必ずチェックしましょう。



ちなみに、ここでいう「内申」は、

三期制であれば「2年生の学年末内申+3年生の二学期内申✕2

二期制であれば「2年生の学年末内申+3年生の後期中間テストまでの内申✕2

45点✕3つ分135点満点の数字です。



さらにちなみに、「2年生の学年末内申」は、

前期・後期または一学期〜三学期のすべてが加味されるので、

前期や一学期も大切だということをお忘れなく。

新年度初めから勝負は始まります。



これが一次選考の仕組みです。

各高校の目安となる内申表もありますので、

各塾で確認させてもらいましょう。





二次選考〜訪れるチャンス〜



さぁ、

そしてタイトルにも出てきた二次選考です!



たまに混同されている方がいらっしゃいますが、

二次選考は二次募集とは別物です。

二次募集は定員に満たなかった高校が時期を遅らせて行う入試のことで、

神奈川県の県立高校では実施する高校も珍しいです。



覚えていて欲しいのは、二次選考

選考に使用されるのは一次選考と同じ「学力検査」と「面接」で、

決してテストを二回行うわけではありません。



二次選考では、

合格者の約1割を選抜します。



その選抜方法は、シンプル!

当日の「学力検査」と「面接」の得点で、

合否を判断するのです。(上位校は「特色検査」も有)

つまり、「内申」は関係なし!



しかも、この二次選考は、

一次選考で合格者を決めた後に行われます。

つまり、一次選考で合格した子たちを除いた、

学力検査」や「面接」の得点で競うわけです。

定員は約1割ですが、

ここに大きなチャンスが隠されています。



例えば、不登校で内申点が0だとしても、

行きたい学校に見合う実力をしっかり持っていれば、

志望校を簡単に諦めないで良いのです。

実際に二次選考を利用して合格している子を私も何人も見ています。

(合格時に一次選考・二次選考どちらで受かったか知ることは出来ませんが、

 明らかに内申が足りていなくても合格した例という意味です)



二年生の内申が出た段階で、

簡単に希望を捨ててはいけません。

本当に行きたい場所があれば、

こういった入試の仕組みを利用するのもいいでしょう。



ただ、二次選考狙いはリスクを伴うことも事実です。

塾や学校で相談を重ね、

なるべく内申点を稼ぎ、

私立のすべり止めをきちんと熟考した上で、

最終的に志望校を受けていいかどうかを判断しましょう。



困ったら、相談です。

あなたにとって、最高の受験を。




素敵な春を。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000