勉強しただけじゃ成績は上がらない



「テストの点ってどうやって上げるんですか?」

素朴な生徒Oくんの疑問に、

「勉強すんだよ」と隣のお友達がすかさず突っ込みました。



それもあながち間違いじゃない。

でも、とっても偉そうに、塾の先生っぽく言わせてもらえれば、

「勉強しただけじゃテストの点は上がらない」のです。



さぁ、なんて塾ブログらしい前振りでしょう。

理由は以下でご説明します。






なぜ勉強しても成績が上がらないのか。

その答えは、私が大好きなこの名言の中にあります。



「正しい方法で、正しい量やった時に、成績は上がる」(作者不明)



ただ勉強しただけでは、テストの点も、成績も、

なかなか上がってくれないのです。どういうことか。

例を見てみましょう。



明日は国語の漢字テスト。絶対百点取るぞ!
よーし!この数学の問題で勉強だ!!!!



こんなに極端な例はないでしょうが、

つまり、勉強しても成績が上がらない理由の一つは、

目的に沿った勉強をしていない、ということです。

たとえ科目があっていたとしても、書き写すだけで作業になってしまっていたり、

テストの点数を上げるための勉強!と言っておきながら、

脳にあまり負荷のかからないノートまとめになってしまっていたり、

とにかく、「正しい方法」ではないということです。

これね、本人は頑張っていると思っている分、

なかなか修正が難しかったりするのです。



また、こういう子も居ます。



明日は国語の漢字テスト。絶対百点取るぞ!
よーし!この国語のワーク、テスト形式で一周やろう!!



一周で出来たならどんなに素晴らしいでしょう。

身に付けるまではやはり一定の「量」が必要です。

その一定には個人差があるので、

一周で覚えられる子はもちろんそれでいいのですが、

覚えられていないのに一周で終わるべきではありません。

つまり、勉強しても成績が上がらない2つ目の理由は、

量が足りていない、ということです。



そして、ほとんどの小・中学生が抱えている勉強の課題は、

質的な課題(わからない)よりも、

むしろこの量的な課題(量が足りていない)のケースが多いのです。



なので、

親や僕らはまず、その子がなぜ量を解けないのか、考えなければなりません。

自信?スピード?勉強の仕方がわからない?嫌い?質的課題?環境の問題?

それを解決していくことが、成果につながります。

そして、その解決策は必ずあります。



「正しい方法で、正しい量やった時に、成績は上がる」(作者不明)



珍しく塾ブログっぽいですが、

もっと詳しい説明が欲しい方はお気軽にお電話を(宣伝です)。



本日もHOMEにお越し頂き誠にありがとうございます。

せっかく勉強するなら、成績も上げよう!




HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000