勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

記事一覧(2719)

できなくて当たり前になっていないか

何でもそうだと思うんですが、「どうせできない」と思って取り組み始めるのと、「やればできる」と思って取り組み始めるのだと、情報の受け取り方に大きな差が出てくるのは、何となくイメージがつきますよね。それまでの経験から、自己肯定感の低い子や成功体験がうまく集められなかった子は、この「やればできる」という想像がうまくできません。そうして負のスパイラルに陥っていきます。「どうせできない」と思ってやると、感情に忠実な脳は「なるほど、できなくすればいいんだな」と、無意識に「できちゃダメだよ」フィルターをかけます。いくらやっても覚えられない、いくら練習してもうまくいかないというのは、ある程度まではこのフィルターが大いに関係していると思われます。やってもできないというのは辛いものです。その負の記憶が蓄積されると、どんどん「やっぱり自分はできない」「どうせできない」という考えが大きくなってしまいます。そうなると、特大の重りを持ちながら走っているようなものです。修行ならいいのですが、それで勉強やお仕事がうまくいかないなら、さっさとフィルターを外してあげる方が楽チンです。何しろ、自分で勝手に自分にかけているフィルターですから、「いや、やっぱり俺はできる」と思うだけで解除できます。はい、「できないのが当たり前」になっちゃってるなぁと自覚しているあなた。最初は感情がこもってなくてもいいから言ってみて。「俺はできる」「私はできる」そしてフォルターを解いた状態で、小さな成功体験を集めて、どんどん心の力を高めていきましょう。いっぱいチャレンジすればいっぱい失敗もしますが、いっぱい成長できます。さぁ。本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。もちろんネガティブなことを言いながらもそれを安心やゆとりの材料として使えている方はいいんですよ。

会話のできない子どもたち

どの教科の指導をしていても、「根本の課題は国語力(日本語力)にありそうだな」と感じることがあります。国語力ってのは、私個人の定義だと「相手の求めるものを返す力」ですね。これが弱くて、相手が何言ってるのかわからない、自分が言いたいことをどう伝えればいいのかわからない状態になっているということです。問題文で何が問われているかわからない、自分の言いたいことが伝えられない(作文できない)、文の組み立てがわかっていない(主語述語が不明)、具体的な課題としては主にこんなところですね。これって、課題が発見できたとしてもなかなかすぐに改善できることでもないので、地道に意識と行動を変えていく必要があります。その改善策の一つが「会話」です。危険だなと思った子に話を聞くと、家での会話が「水!醤油!着替え!」みたいな昭和の親父現象になっていることが少なくありません。単語で成立しちゃうんですね。反抗期の子に多いですね。これをビシッと改善できればいいのですが、本人が拗れているとなかなかそうもいきません。だから、せめて塾では「説明」をさせます。すると、なかなか文が出てこない子もいます。問題の説明に限らず、こちらが補助してあげないと、エピソードトークとかできないんですね。最近だと「LINE」の文面の指導も必要です。文字での会話ですね。友達とするのならどんな言葉でもやり取りでもいいですが、一応こちら大人ですからね。内容やするタイミング(遅刻の時どうしたらいいのかなど)などのアドバイスもしていきます。もちろん少しはユーモアも絡めながら。うるさいなぁと思われるかもしれませんが、実はそれが成績や点数の上がらない一番の要因になっていることが多いんです。だから許してください。だって、相手の言っていることが理解できなきゃ、授業や教材が意味なくなっちゃうわけです。面白いもので、細かいところから指摘し続けていると、ちょっとずつ改善していくことが多いです。そして、その能力が向上すれば、勉強だけでなく、コミュニケーションも上手になります。生きていく上で、こちらの方が重要かもしれません。会話のできない子どもたちに会話の楽しみを知ってほしいと思っています。本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。結局はつながってるんだよね。

5月の全県模試と学校のテストはどっちを優先すればいいですか?

先日、こんなご質問を頂戴しました。抜粋してここに載せると、「受験生です。6月の頭が学校のテストです。5月の末の模試は受けた方が良いですか?」というものでした。私からの返答はこちらも端的に申し上げれば「個人による」というものです。もちろんそれ以外にも個人的なお話はお伺いしたので、それを踏まえて「ならこういう方法がベストだと思いますよ」というのをお伝えしました。さて、本日はその「個人による」というところを詳しく説明していきたいと思います。まず基本的に、学校のテストと模試が近い場合は「無理して模試を受けなくても良いと思います」というのが個人的な意見です。内申大事ですからね。まずはそこを全力で取りに行くのが世の常でしょう。もちろん模試の時間をテスト勉強に充てる前提ですよ。ただ、少し間が空いている子や、例えば学校のテストレベルは少し余裕がある子、学校に行けてない(勉強は塾や自分で進めている)子は、受けてみるのも良いですね。実力把握の機会はそんなに多くありません。ここを上手に利用しましょう。場合によってはテスト勉強の復習になります。また、スケジュールによりますが、テスト後に振替受験をすることも可能ですから、それを活用する手もあります。どちらにせよ、受けたなら徹底的に利用するのがベストです。自己採点できるように問題用紙に丸をしておいて、その日もしくは次の日には直しをして、自分に必要な知識や理解を埋めておきましょう。これができなきゃ受けた意味はありません。まとめると、優先順位は学校のテスト。ただ模試を受けることが悪いわけじゃない。受けたなら必ず直しを。です。本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。受験モードになってきてるかな?