勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

記事一覧(2230)

マグァンプから学ぶ「間違ったやり方は意味がないどころかマイナスになる」ということ

マグァンプKという商品があります。園芸業界だと有名ですね。長期間持つ、ほとんど臭いのしない緩効性の化成肥料です。土に混ぜ込むだけで使えるので重宝します(うちだと全然使っていないのですが、いつか使ってみたい)。HPにその歴史が載っていました。ちょっくら読んでみてください。マグァンプKが日本国内で初めて発売されたのは1966年のこと。
創業者 村上博太郎社長がアメリカ視察した際に
出会ったマグァンプKの優れた効能に驚き、
「このすばらしいマグァンプKを家庭園芸普及のために是非、日本で広めたい」
と輸入を始めたことがきっかけでした。

しかし、当時の日本は、元肥といえば堆肥など有機肥料が主流の時代でした。
そのため発売当初は園芸業界・一般ユーザーの方々に
なかなかその価値が理解されませんでした。

しかし、地道な普及活動により
園芸の先生方々・生産農家さんから効能を認められ、
園芸業界に推奨していただけたことで少しずつ商品認知が広がりはじめました。

そして、現在はおかげさまで
多くのガーデナーさんに愛され続けて
50年を超えるのロングセラー商品となることができました。何事も継続って大切ですね。驚いたのはその仕組みです。実はこのマグァンプK、植物の根から出る酸で溶けるので、水では(一部しか)溶けないように出来ているんです。だから長持ちするんですね。すごくないですか。よくある失敗としては、土の上からこれをふりかけてしまうこと。それ、ほとんど意味がないんですね。根に当たらないと効果を発揮しないんです。せっかく肥料をあげたと思ったのに、うまく栄養が行き渡らず植物は枯れてしまいます。悲しいですね。用法用量を守って正しく使いたいです。これって勉強でも同じだと思うんです。正しい勉強の方法を守ってやらないと、結局無駄な時間を過ごしてしまう。学力や成績は上がらない。挙句自分はやったつもりだから、「自分はできないんだ…」と自分のせいにしてしまう。違うんです。方法がまずいんです。正しい勉強ってそんなに難しいことではないんです。よく読んで、本気で解いて、正確に丸つけをして、怪しいところや間違ったところは自力でできるまでやり直す。ね、簡単でしょう。時間はかかりますが、やればやるほど早くできるようになります。間違ってもエア勉強はやめましょう。意味ないどころかマイナスですよ。

ただ待っているだけじゃなくて自分から動き出さないと。

やってもやっても成績が上がらない勉強のやり方「エア勉強」の17の事例と対策まとめ

エア勉強は、やった気にはなるけど成果は出ず、「私は勉強できない」と勘違いしちゃう悪魔の勉強法です。成績を上げたいにも関わらず、エア勉強を行うということは、100m走の試合に下駄を履いて出場するみたいなものです。きっとやる前に止められます。あえて強めに言えば、そんな風に意味のわからない勉強なのです。なお、エア勉強を続けていると、やってもやっても成果が出ないので、「自分って勉強できないんじゃないか」と本人はだんだん自信をなくしていきます。本当は自分じゃなくてやり方が悪いのに。そうなると、恐ろしいことに、楽で「やった気にはなる」エア勉強にどんどんハマってしまいます。沼です。成果が出ないのを自分や他の何かの原因にして、エア勉強街道を突き進んでしまうのです。怖いですよね。ですから、そんな悪循環に陥らないためにも、本日はエア勉強にはどんなものがあるのかを勉強していきましょう。対策も併せてお伝えしていきます。一度手についたエア勉強からはなかなか抜け出すことができません。以下、あえて辛辣に書いているのは、そこから抜け出すために、衝撃(インパクト)を強くするためです。ご了承ください。それでは参りましょう。下記、ちょっとずつ増やしていきます。いずれ「エア勉強の本」が出るのをお楽しみに。エア勉強001 何でもかんでも10回書く修行

指定校推薦(学校推薦型選抜)は頑張った証!

オンラインでの質問は365日24時間いつでも大歓迎です!

本日は、塾生に向けたお知らせです。お陰様でオンライン自習生の生徒が増えてきました。基本は自分で勉強、困った時は頼るというシステムは、やはり学力の成長にも良いようで、各々テストでも軒並み好成績を残してくれています。グッジョブです。ただ欲を言えば、もう少し質問をくれても良いですよ。勉強の中身の質問はもちろん、勉強方法や進路、教材についての質問も歓迎です。生徒本人が自ら訊けたらなお素晴らしいです(保護者の方の端末を通していたとしても)。もちろん闇雲に質問するのではなくて、自分の考えを併せて質問ができると最高ですね。文字を通したコミュニケーションの練習としてもいいんじゃないかな。みんなが生きていくこれからの時代、そういった機会はきっと今後も増えていくと思いますしね。必要であれば、あえて質問の機会を増やすために、日々日々学習報告をしてもらうこともできます。こちらから質問を促すこともできますので、ご希望あれば仰ってください。まぁ、質問することが目的ではないので、各々の目標が達成できればなんでも良いのですが。本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。もちろんリアル通塾している皆さんからも随時質問承っております!