勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

記事一覧(1281)

塾探しの新定番!塾選びサイト「ジュクサガス」をオススメ・応援する3つの理由

塾選びって大変なんです。僕が言うのもなんですが、塾って沢山あるんですよね。大きいところから、小さいところまで。しかも、値段もシステムもてんでバラバラ。中身も重要だし、合うか合わないかも大事。しかも、長期間使い続けるサービスなわけです。一度決めたら、なかなか変えられません。想像してみてください。今から1年間、食べる料理を固定してくださいと言われて選べますか?和食?中華?イタリアン?選べないでしょう。選べるという方はちょっとこの質問忘れてください。それなのに塾は、いいことばかり書いてあるパンフレットやHPを見て、たった数回の見学や体験授業をして、物理的理由であんまり比較もせずに、この先通い続ける場所を決めるという大事な選択をしなければいけないのです。これは大変。しかも、少子化の中、今残っている塾というのは、どこもそこだけの強みを持っている素敵な塾でしょう。さらに選ぶの大変ですね。『塾を探されている方必見!個別指導塾の選び方決定版!5つの「あなたに合う塾の見つけ方」』の記事でも詳しく説明している通り、塾というのはあくまでツールです。だから、「良いか悪いか」というよりも、そこが自分に「合っているかどうか」が大切なんですね。万能な塾なんてありませんから。ツールやアイテムは使いようですからね。じゃあどうやって「自分に合う塾」を見つければいいのか。僕は書いている先生の人柄や考えがわかるブログがオススメなんですが、1日で読める量にだって限りがありますからね。何から見つければいいかわからないし、探すのも大変でしょう。というわけで、前置きが長くなってしまいましたが、そんな時にオススメの塾探しサイトを本日はご紹介です。その名も「ジュクサガス」。そのままやん。

学年最初の中間テストや期末テストに向けて、何よりも気をつけたいたったひとつのこと

本日はテストについてのお話。いきなりですが、5月には三期制の学校の中間テスト、6月には2期制の学校の中間テストや3期制の学校の期末テストが行われます。うちの塾生でも、今週テストの子が数人。準備をしっかり頑張ってきていたので、ベストを尽くしてきてほしいですね。それにしても、最近は3期制でも5月に中間テストを実施しない学校が増えているみたいですね。1学期は中間テストなしで期末テストのみ実施という学校です。たしかに、この時期の中間テストって、授業が全然進んでないから、内容が薄くなりがちなんですよね。新年度が始まって、意外と5月6月って行事も多いですし、授業も削られて、バタバタするわけです。そしたら、6月にまとめて実施というのも、生徒や教員にとっては悪くないのかもと個人的には思っています。中学一年生は、おそらくこういった形式のテストは初挑戦。語弊を恐れず言えば、自分の思った通りしっかり準備して、ベストを尽くして挑んで、その結果失敗するなら失敗してもいいと思います。幸い神奈川県の入試制度では一年生の成績は使いませんしね。大事なのは、その失敗から何を学ぶかです。またテストはやってきます。そこで活かせるように、うまくいかなかったことを踏まえて、準備の仕方や挑み方を修正しましょう。うまくいった方は、おめでとうです。全体の傾向として、テストの点数はここからどんどん下がっていきます。さらに伸ばせるように、しっかりと実力を磨いておきましょう。中学二年生は、ついに入試に関わるテストがやってきました。一学期や二学期・三学期もしくは前期後期の成績で学年末の成績が出されますからね。気を引き締めて参りましょう。単元ごとの注意点を挙げておくと、数学でいえば、単項式多項式。ここは日本語も多く登場する単元なので、単項式とは?多項式とは?次数とは?係数とは?自然数とは?偶数とは?連続する3つの数とは?などひとつひとつの語句を説明できる状態にしておきましょう。また、1年生の復習が入ったり、学校によっては図形と同時並行で授業が進んでいるところもあるようなので、範囲には敏感になりましょう。国語は、近隣だと光村図書さんの教科書が多いので、僕の好きな「アイスプラネット」からの出題が多いかな。あと詩「見えないだけ」もね。牟礼さんの名前が一番難しいかもしれない。英語は過去形や過去進行形がメインの文法でしょうか。be動詞ワールドと一般動詞ワールドの違い、そしてその調和を楽しみながら英語の時間のルールについて学べるといいですね。不規則動詞はリズムで覚えるのがオススメです。

塾の先生が子どもたちに伝えたい本や読書の素晴らしさとそこから得られるメリットについて。勉強に活かす方法もついでに。