勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

記事一覧(1747)

受験生だったあなたに贈りたい「夜明け前」のお話

本日は神奈川県公立高校合格者発表の日です。不安とドキドキとワクワクの中、この日を迎えた受験生のみんな、本当にお疲れ様でした。昨年から今年にかけて、本当に大変な一年間でした。そんな状況の中での受験勉強。みんなよく頑張ったよね。今回の勝負に勝っても負けても、まだまだ人生は続きます。むしろこれからの人生が、今までよりも更に大事です。今回の勝負で培った経験や学び得たことを、どうかこの先の道でも大いに活かしてくださいね。より素敵な、より素晴らしい自分へ。まだまだ成長を続けるそんなあなた達に、こんなお話を贈りたいと思います。それは、「人生の時間」というお話。人生を一日に喩えよう。あなたの年齢を3で割ると、

あなたが今、その一日の中で、どこにいるかがわかる。高校受験を終えた君たちの年齢は大体15歳。15を3で割ると、5。人生を一日に喩えると、今、君は朝の5時にいる。夜明け前だ。暗闇の向こうに、微かな光が昇っている。しんとした静寂の向こうで、何かが始まろうとしている。ここから、君は、まだまだ、

何でもできる。どこへでも行ける。海も山も空も越えて、

好きな場所へ好きな服で好きな人に会いにいける。楽しいことも嬉しいことも悲しいことも切ないこともいっぱい見つけてきた。でも、それ以上の素晴らしい経験が、これから、君を待っている。君は、夜明け前に立っている。さぁ、どんな一日にしよう。受験が終わって、「人生終わりだ…」となる人ももしかしたらいるかもしれません。でも、それは嘘です。人生はまだまだまだまだ終わりません。というか、上記の通り、まだ始まったばかりの序盤も序盤で、むしろここからがスタートかもしれません。ここから改めて最高のスタートが切れるように、成功したなら次も成功できるように、うまくいかなかったなら次は思い通りにできるように、前を向いて歩いていきましょう。あ、この時期、僕含めいろんな人がいろんなことを言うけどさ、これは他の誰でもないあなた自身の人生だから、自分が「いいな」と思った言葉だけちゃんと手に入れておいて、また歩き出すためのエネルギーの一つにしていきましょうね。さぁ、また、ここから。本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。旅の終わりは新しい旅の始まり。

今楽をするより未来での楽を選ばないと損をしてしまうかもしれない理由

食事を終える。食器を流し台まで持っていく。「後で洗おう」とそのまま置いておく。これ、実は無駄にエネルギーを消費していることになるんです。すぐ洗っちゃった方がいいんです。以前、意志力の記事でも説明しましたね。やることを残すと、頭の中の「やらねばリスト」が開きっぱなしになっていて、集中力を削ったりエネルギー食ったりするわけですね。最近だとメンタリストのDaigoさんも同じことを言っていたと聞きました。他にも、「すぐやる」ということは、長期的に見れば未来の自分を助けることが多いです。時間には限りがありますから、そりゃそうですよね。でも、意志や心のパワーって目に見えないですからね。どうしても損な使い方をしてしまうんですよね。そして、これってもちろん勉強にも関係してきます。例えば、日々の勉強とテスト前の勉強がそうです。「勉強はテスト前にまとめてやればいいや」なんて子の多くが、テストでなかなか思うように結果を出せないことは簡単に想像つきます。逆に言えば、成績が良い子たちは、無意識的にも、「日々の勉強が大切。それを大切にした方が後が楽」ということを知っています。だから、授業中で多くのことを頭の中に入れてしまうのです。その方が長い目で見たら楽ちんなわけですから。そうしてどんどん差がついていきます。この「後が楽」ということに気付けると話は早いのですが、僕ら弱い人間はどうしても今の楽に負けてしまいます。周りがいくら言っても、本人はなかなか「今の楽」より「後の楽」をとった方がいいということに気付けないんですよね。だから、行動がなかなか変わらない。成功体験か痛い目を見るか、どちらにしても自身にとって大きな体験がないと、なかなか行動変容までは至りません。それぐらい、瞬間瞬間「楽をしたい自分」に打ち勝っていくというのは難しいことなのです。特に自分に負けっぱなしの人にとっては。結果、日々日々自分に勝つ人と負ける人の間には、どんどん差がついていきます。有名な1.01と0.99の法則というお話がありますね。毎日を101%で生きる人と99%で生きる人だったら、1年後には天と地ほどの差がつく。毎日を1.01で生きる人が365日を生きると、1.01の365乗で約38。一年前に比べて38倍の成長をする。毎日を0.99で生きる人は、0.99の365乗だから約0.025。弱ってしまう。日々の頑張りの差が、未来の大きな差になる。教訓じみたお話ですが、イメージはつきやすいです。でも、毎日を1.01で生きることがどんなに難しいか。ただ、シンプルに考えれば、すべての答えは「やる」ということに尽きます。とりあえずやってみる。やればやる気は出てきます。やってみて、うまくいかなかったら、うまくいかない原因を考えて、工夫してみる。工夫を続けて習慣化して、もっとやりやすくする。なかなか自分でそれを実行するのが難しいなら、人の力や人の目を利用してもいいですね。塾やオンライン自習室ってそのためにあるのかもしれません。やり続けるコツは、最初の「やる気」と、それ以降の「仕組み」です。この辺りはまたいつかお話ししたいと思います。まとめます。書き損なったものも入れておきます。今楽をするより未来での楽を選ばないと損をしてしまうかもしれない理由結局頭の中でエネルギー使ういつの間にかその物事において大きな差がつく成長速度にも差がつく(普段からかけている負荷の違い。筋トレと同じ)時間の使い方でも差がつく未来を考える力でも差がつく(多くのことは未来のことを考えながら実行していく)本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。今楽をするより、未来での楽を選ぼう。

2021年度神奈川県公立高校入試ステップ平均点から予想合格者平均点を出してみる

毎年恒例ステップさんから神奈川県公立高校入試のステップ平均点が公表されました。こういう情報を出してくれるのってすごいですよね。もちろん宣伝にもなるのでしょうが、それにしても太っ腹です。改めてありがとうございます。本日はそれを踏まえてのお話になるのですが、まず最初に申し上げておきたいことは、みんな受験お疲れ様!!!!!ってことです。忘れないでくださいね。挑戦したことが素晴らしいのです。各々の入試の点数がどんな数値であれ、それが頑張った結果なら、すべて尊いです。今回の入試は、コロナや範囲変更や学校の進度が不安定な中で行われた入試でした。世の中も不安定な中で行われた入試でした。みんな、大変だったと思います。みんな、良く頑張ったと思います。みんな、本当にお疲れ様でした。そして、それを支えたご家族や友人や関わった全ての方も、本当にお疲れ様でした。この経験が、各々の人生において素敵な宝物になりますように。手前味噌ですが、当塾の塾生たちもみーんな本当よく頑張ってくれました。尊敬しちゃうぐらい。そして、頑張ることに慣れたのか、終わったその日に塾に来て高校内容突き進んでいる子もいます。偉いです。受験生のみんな、楽しいことややりたかったことやって心のパワーを貯めながら、また少ししたらぜひ未来のことも考えてみてくださいね。あなた達の人生はまだまだまだまだ続いていくのですから。2021神奈川県公立高校入試ステップ平均点から予想平均点を出してみる