してほしくない行動を直す裏ワザ



面談で保護者様から、よくこんな言葉が出ます。



「もう何度言っても直らないんですよ」



部屋の片付けが出来ていない。

脱ぎっぱなし、やりっぱなし。

宿題忘れ。約束破り。生活習慣の乱れ。

乱暴な言葉。問題行動。その他諸々。



「何度言っても直らない!」と怒りたくなる気持ち、よーくわかります。

でも、もしかしたら、その行動がなかなか直らないのは、

ほんのちょっとはこっちのせいなのかもしれません。

そう、実は冒頭のセリフの「何度言っても」が曲者なのです。



人は誰しも、愛されたい生き物。

かまって欲しい、気にかけて欲しい、気にして欲しい。

常に人の心の中にそんな気持ちがあります。これは生物の本能です。

そうです、雑な言葉で言ってしまえば、生まれながらにして、

人は誰もがみんな「かまってちゃん」なのです。



「かまってちゃん」が何か問題行動をすると、

近くの人が怒ったり叱ったりして「かまって」くれます。

もちろん「かまってちゃん」自身も怒られていい気持ちはしませんが、

「かまってくれた」という記憶は残ります。

無意識に問題行動を「かまってくれる行動」と認識するのです。



だから、直りません。

かまってほしくて、ほとんど無意識に、

「かまってちゃん」は「かまってくれる行動」をし続けます。

困ったものですね。



でも、だからこそ、

してほしくない行動を直す方法は簡単です。

その逆のことをすればいいのです。

してほしくない行動の逆の行動をした時に、

「かまって」あげればいいのです。



部屋が少しでも片付いたら。

脱いだものを片付けられたら。

宿題をやったら。約束を守ったら。ちゃんと朝起きられたら。

素敵な言葉が使えたら。人のことを考えた行動が出来たら。



あなたが、褒めてあげればいいのです。

目一杯認めてあげればいいのです。

声をかけて、いい子いい子して、ご褒美をあげて、時にはギュッと抱きしめて、

かまってあげればいいのです。



これを心理学では「強化」と呼びます。

して欲しい行動をした時に、すかさず「かまって」あげることで、

その行動は強化されます。なるほどですね。



してほしくない行動を直す裏ワザ、などと大層なタイトルをつけましたが、

こうやって書いてみると、実に当たり前のことですね。

でも、当たり前に目を向けることが、何より難しい。

私自身も気を付けます。生徒の悪い時ばかり注意していないか。



人を動かすのは、いつも人の想いの力。

「何度言っても直らない!」と腹が立ったら、

相手ではなく自分に目を向けて、うまく「かまっているのか」考えてみましょう。

当たり前に感謝し、当たり前を認め、当たり前を褒め、当たり前に愛す。

もしかしたらそれがさ、「愛」というものの正体なのかもしれません。



本日もHOMEにお越し頂き誠にありがとうございます。

子どもだけじゃなくて、大人だって同じだね。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000