【ネタバレはなし】映画感想『帝一の國』に学んでみよう



先日、映画『帝一の國』を観てきました。



漫画は知っていたので、

(ちょっと上からですが)実写版?ああ、まぁそこそこは面白いだろうなぁとは思っていたのですが、

予想以上の面白さ!テンポも良くて、笑えて、少しグッと来るところもあって、

舐めててすんませんでした、という感じです。



若手イケメン俳優たちの競演はもちろん、

展開や音楽も良くて、あっという間の2時間でした。

漫画版での個性的な後輩たちの出番がカットされていたのが心残りですが、

個人的には「帝一辞典から削除済みだ!!」を多用してくれたので大満足です。




さて、この映画を勉強に活かすとすると、

「目的・目標に向かって本気になる」という点を学ぶべきでしょう。

映画のように手段を選ばずやりましょうというわけではなくて(先生を脅す・賄賂をおくるは駄目)、

それはあくまで【心】の問題です。



何事もまずは「目標達成」を本気で狙って動くこと。

「失敗してもいいや」ではなくて覚悟を決めて臨むこと。

もちろんそれには負荷がかかりますが、

だからこそあなたは、一つ上の高みの世界へ足を踏み入れられるはずです。

それに、その決意さえあれば、転んだとしてもただでは起き上がらないものです。



さぁ、狙え!



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

気になったら下記をクリック!

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000