凡ミス・ケアレスミスのなくし方を考えてみよう



塾にとっても、生徒達にとっても、最大の敵である【凡ミス・ケアレスミス】。最近では彼らのことを「重大ミス」と読んでおりますが、本日はそんな彼らの解決策に迫ってみようと思います。


最初に申し上げておく大切なことは、凡ミスやケアレスミスの減らし方は必ずあるということ。そして、方法次第で必ず減らせるということです。やればできるというわけです。


今日はその減らし方を一緒に見ていきましょう。大切なことは分析→対策のプロセスです。そしてそこからわかる意外な事実とは一体。



なぜ?そのミスが起こったのか考える



ありがちな会話である、「テストが悪かった」→「ケアレスミスが原因だ」は、実は本当のテストが悪かった原因には触れておりません。


「テストが悪かった」→「ケアレスミスが原因だ」→「じゃあそのケアレスミスの原因は?」と、最低でもここまで深掘りして原因を探すようにしましょう。


テストが返ってきた時の分析方法例を載せておきますね。詳しくは『テスト分析の仕方』をご覧ください。


  1. 間違えた問題を「わからなかった問題」と「わかったけど間違えた問題」に分ける。
  2. 「わかったけど間違えた問題」を間違えた理由を考える。
  3. その原因を見つけて深掘りする(時間が足りなかった→じゃあなぜ足りなかった?)
  4. 根本の原因が見つかったら解決策を考える


端的に言えばこういう流れになりますね。ここには深掘りした原因から対策を見つける例を載せておきましょう。


  • 全体的に時間が足りなかった→過去問などを時間制限を設けて演習
  • どこかの問題に時間がかかった→CTなどで時間制限も受けて類題を演習
  • そもそもルールが理解しきれてなかった→再度把握から始める
  • 途中式が汚い→日々の練習時のノートの使い方から
  • スペースがなくて混ざった→過去問などで裏面や空いている部分を使う練習
  • 目線の移動に慣れていない?→別途解答用紙のある問題でテストして慣れる、途中式は最後の答えまで書いているかチェック(たまに途中式を答えの一行前まで書いてそこから回答欄に答えを書く人が居るがこれは危険。首を横振りしながら物事を考えない。人は縦振りしながらの方が考えやすい)


などなど。


読んでいてお分かりになりましたか?これらざっくりまとめてしまえば、準備が足りていなかったということなんです。


よく「100点とるためには利き手じゃない方の手で解いて100点とれるぐらいの準備、つまり120点の準備が必要だよ」という話をしますが、凡ミスをする子の多くが、そこまでの準備ができていないんですね。


いつも帰っている帰り道で道に迷うことが危険なように、わかっていることを間違えるというのは非常に危険なことです。危機感を持って準備に取り組む必要があります。


まず「凡ミス・ケアレスミス」の原因は普段にあると認識すること。そして、普段からその重大でヤバいミスを減らすための努力をしていくことが大切です。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

凡ミス・ケアレスミス、なくなったら気持ちいいからね。

「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します↓

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。