勉強が苦手な子が神奈川県公立高校入試数学で60点以上取る方法


「先生、楽に入試の点数上げる方法ないの?」


冗談混じりでそんなこと言う中3生徒がいたので一度睨んでから、


「ありません。地道な努力が大事!いいか、勉強ってのは中身も大事だけど、向き合う姿勢やその努力自体がもっともっと大事なんだよ」


と真面目に返していたら、講師からよもやの一言。


「あ、それはその子もわかってますよ。でも、どこに力を注いだらいいのかっていうのがわかると、もっといいんじゃないかと。ブログネタとしても。さっきそんな話してたんですよ」


と、まさかの僕のブログのことまで考えてくれていた真面目な質問でした。言い方はともかく、その心意気に感激したので、本日はこっそり教えちゃいましょう。


入試で楽する方法じゃないですよ。どちらかといえば勉強に苦手意識がある子が、作戦としてどこで点数を取りにいくべきなのかをご紹介していきます。



公立高校入試数学攻略法〜目標点数60点の場合〜



神奈川県の高校入試は、県が結構情報開示してくれるので、大体ですが「何点取れば合格できそう」みたいなのが事前にわかります。


参考までに昨年の近隣高校の合格者平均点や最低点数をまとめたものがこちら(あくまで判明しているもののみのデータです)。

合格者平均点や最低点というのは5科目100点満点の合計の数値ですから、単純に5で割れば大体一科目で何点が必要なのかが見えてきます。


入試の仕組みが気になる場合は、下記の『受験の仕組みをシンプルに説明してみた』をご参照ください。ここで重要なのは、勉強が苦手な子にとって、学力検査で60点が計算できる科目があるということは、だいぶ入試が戦いやすくなるということです。


そこで今回は、数学で60点狙う子用の勉強の仕方について説明していきます。こちら、あくまで個人的な考えなので参考までに。


ちなみに、昨年の入試数学の合格者平均点が56.0点ですから、60点を獲得すれば、見事平均点越え。上位45%以内に入ることができます。




ちなみに、以前にこのブログでも紹介しましたが、こういう教材もあるんですよね。


大した意味はないですが、角度を変えてもう一枚。


それではこういった教材がある意味も含めて、昨年の問題を使って内容を説明していきましょう。実際の入試問題は『教育委員会の学力検査のページ』にすべて載っています。


何年か分の過去問題を見ていただくとわかる通り、神奈川県の数学の問題は、ある程度形が決まっています。毎年多少の変化はありますが、昨年はこうでした。


問1 計算

問2 小問集合

問3 小問集合

問4 関数

問5 確率

問6 空間図形

問7 平面図形


詳しい問題の中身については、こちらの図をご参照ください。正答率と配点つきです。

端的に言えば、数学で60点取る方法の一歩目は、表の右側に星がついている狙い目問題を確実に正答していくことです。昨年であれば、これで46点は取れます。


言い換えれば、60点取りたいなら正当率の高い問題は絶対に間違えてはいけないということです。


では、実際のところはどんな問題なのかを見ていきましょう。まずは問1の計算問題。


選択式になって難易度も落ちています。ここは確実に正解しておきたいところ。日々日々計算練習を重ねて、まるで九九のテストぐらい間違えない精度に高めておきましょう。


次の問2も基本的な問題が続きます。


ここの(オ)と(カ)は星印がついていない正当率が高くない問題ですが、基本的な「よく出る問題」なので、正解できるように準備を進めていきたいところです。そしたらプラス8点。


中1〜中3までの計算はもちろん、「関数」や「資料の活用」といった単元の基本的事項もここではしっかり押さえておきましょう。


続いて、問3です。


問3の(ア)は相似を使った難問です。60点を狙う際には無理して解く必要はありません。ここに時間をかけるのであれば、計算の見直しなどにその時間を充てましょう。


(イ)は、正当率的には狙いたい問題ですが、無理をしなくてもいいです。ただ、方程式や連立方程式の立式の練習は今後のためにもキッチリしておくことをオススメします。


昨年のような問3の問題であれば、一問でも正解できたら御の字です。最悪の場合はバッサリ捨て去る勇気を持ちましょう。


続いて、問4。見た目でうわっとなりがちですが、(ア)なんかは絶対に落としてはいけないレベルの問題です。一次関数と二次関数の式の立て方は身につけておきましょう。

逆に(ウ)は触らなくてもいい問題です。ここで(イ)が狙えたら、60点の壁は狙いやすいです。


さぁ、次の問5は確率の問題です。昨年は正当率が50%を切りましたが、(ア)は狙ってみたいところ。多くの場合h、6×6のマスを書いて一つずつ当てはめていけば解けます。詳しくは、『大問先生の確率対策』にて。

調子に乗れたら、(イ)も狙ってみましょう。ただし、時間のかけすぎに注意。


続いての問6にも絶対に間違えてはいけない問題が存在します。

(ア)は狙い目です。基本的な体積や表面積の計算方法は身につけておきましょう。


ちなみに、僕は毎年「球が出るぞー。球の公式理解しておけよー」と脅しをかけているのですが、全然出ません。そろそろだと思います。


問7は60点目指しの戦法では基本解かなくてもいい問題ですが、全証明では無くなったのでチャンスありです。図形が得意な子はぜひ狙ってみましょう。

問題はこれで終わりです。まとめましょう。


上記のような問題で、問1すべて、問2すべて、問4と問5と問6は(ア)、問3〜問7の中でどれか2つ正当ができれば、見事60点越えです。決して楽な道ではないですが、毎年しっかり対策をしてしっかり取ってきてくれる子が多いですから、不可能じゃありません。


では最後に、60点を取るのに必要な知識をまとめてみましょう。一年生から三年生の単元内容を記してある学習系統図を使います。


まずは赤色の50点ラインの基本内容を完璧に近づけること。ここでモノを言うのは徹底的に量をこなすことです。ノートまとめなんてしている暇があったら、一問でも多く問題を解きましょう。


次に、図形の体積や表面積といった基本事項を押さえていくこと。これも多くの入試対策教材にまとまっています。学校の先生や塾を使って理解してから、上記同様問題演習に励みましょう。


これで60点の完成です。


「え、先生、でも急に問題傾向が変わったらどうするの?」


ごもっともな質問です。予期せぬことは起こりますからね。


まずその「予期せぬことは起こる」と言う心持ちは持っておくこと。


ただ、教材を見てもらえばわかる通り、大体の受検生がガチガチにこの傾向の対策をしてくるので、傾向が少しでも変わるとみんなが慌てふためいて平均点が下がります。


入試は相対的な評価で争いますから、平均点が下がれば、結局傾向が変わらなかった「正解しなくてはならない問題をどれだけ正解できたか」勝負になります。


だから、できることを当たり前にできるようにしておくこと。それが必勝パターンになるのです。


本日説明してきたこの「60点獲得用問題」たちが、その「当たり前にできてほしい問題」たちです。まずはここから、しっかりと身につけていきましょう。


基本がしっかりすれば、そこから一気に積み上げていって、厳しい受験勉強を経て、数学が得意になる子もいます。


人生で一番勉強する冬。何が起こるか、楽しみですね。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

こうやってやるべきことを明確にすることで「心の力」が強まり立ち向かっていけるようになる子もいます。














「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000