卒業の今日の日のこと


「また明日」


そんな当たり前の響きが、当たり前じゃなくなるとき、わかることがあるんだ。


当たり前だったものの大切さ。


移りゆく時の残酷さ。


時間が解決してくれる苦しみや痛みについて。


それでも、残るものはあるってこと。






「また明日」


そんな何でもない一言が、かけがえのない意味を持つとき、思うことがあるんだ。


お別れの寂しさ。


未来へのワクワク感。


胸いっぱいに抱えた希望と不安。


忘れたくない感謝の気持ち。





また明日、


また明日、


そうやって、これからもきっと続いていくだろうその日々が、


決して当たり前なんかじゃないことを、


僕らは、少しずつ、知っていく。


もう戻れない場所や、離れた手や、見えない顔に、


バイバイ、さようなら、ありがとうと声をかけながら、


それでも、きっとどこかで、ちゃんとつながっていることも。



忘れずに、生きていく。



いつもお別れのその日は、


新しい始まりの日であることを。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

3月11日、卒業おめでとう。



















「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000