0からの受験勉強法。例えば不登校の子が受験するときに何から勉強を始めたらいいのか(数学編)


たとえ学校に行っていなくても、神奈川県公立高校受検のシステムとしては、テストと面接の得点次第で、公立高校への合格が可能です。


入試に向けて勉強しなくちゃということで言えば、学校に行けていても行けていなくてもやることは一緒。入試で得点を取ることが一つの大きな目標になります。


でも、学校に行けていなければ、勉強の中身も当然ちんぷんかんぷんな場合が多いですよね。そんなときに一体何をどこから始めたらいいのか。それが本日のテーマです。


「0からの受験勉強」と題して、シンプルに説明をしていきましょう。中3生に説明をする設定です。まずは数学から。


完全に個人的意見なので、参考程度にご覧くださいませ。



0からの受験勉強 数学編



まずは結論から申し上げましょう。


数学は、まず計算を固めるのです。


計算ってどこ?ってなりますよね。学習系統図を見てみましょう。


計算とは、この図の緑色のラインのことです。


単元で言えば、「正負の数」「文字と式」「方程式」「式の計算」「連立方程式」「展開・因数分解」「平方根」「二次方程式」ですね。


理由は簡単。比較的難易度がやさしい上に、入試の得点に直結しているからです。


逆に、グラフや図形単元は難易度が高い上に、入試問題自体も難しいので点数に結びつきにくいです。ちょっと入試問題を見てみればわかります。


ね。まず狙うは問1。だって、そのまんま出るんだもん。もちろん、グラフや図形単元においても必要な知識なので、ゆくゆくそういった問題に取り組むことを考えても、やっぱり最初にやるべきは計算単元です。


計算単元は大きく分けて「普通の計算」と「=で結ばれた式」に分かれます。


まずは「普通の計算」を説明していきましょう。


まず「正負の数」単元でプラスマイナスの符号を理解しましょう。「足し算引き算ルール」と「掛け算割り算ルール」を把握しないと先へ進めません。ちなみに、とっても苦手なら、分数は後回しにしてもいいと思います。


次は「文字と式」「式の計算」単元で文字のルールを把握です。5a-aを5とかやらないように。5a-aは4aですからね。2乗や分配法則もここで一緒に理解してしまいましょう。


続いて、「展開・因数分解」単元です。公式など使えるようにしておきましょう。「工夫して計算する問題」などは後回しにして大丈夫です。まずは基本的な計算ができるように。


最後に、「平方根」単元です。平方根の意味と使い方を知りましょう。


ここまでくると、できることが増えて、少し心の力も伸びてきているはずです。後回しにしていた部分にチャレンジしてみましょう。特に分数はしっかり理解しておきたいところです。


そして、せっかく学んだことを忘れないようにするために、最低でも一週間に3回ぐらいはここまでの単元の復習テストを行うといいでしょう。やればやった分、正確さとスピードも上がります。


ここまで来れば、残る「=で結ばれた式」つまり「方程式三兄弟」も楽勝です。一次方程式、連立方程式、二次方程式のことね。


彼らの特徴は、合間の計算で分数を消せることです。「普通の計算」では消せません(通分をする)。この2つがごっちゃになると絶対間違えるので、整理をしておきましょう。最小公倍数をかけて分数を消せるのは「=で結ばれた式」の計算のみです。


「方程式」単元では、等式のルールをしっかり理解ね。「連立方程式」単元では、長い計算になれましょう。「二次方程式」単元では因数分解や平方根の復習と、解の公式を使えるようにね。


こうして無事に計算が網羅できたら、後はひたすら繰り返し。入試の大問1や2みたいに、それぞれの計算が入り混じった問題をとにかく解きましょう。


そこから先の道はいくつもに分かれます。


「関数」単元に進むもよし、「資料の活用」単元や「確率」単元をやるもよし、基本的には学習系統図の赤い50点ラインを参考に進んでいただければと思います。迷ったら、僕でよければLINEください。


また、目標(目指す高校)によっても進む道は変わるので、行きたい高校とセットで進む道のりを考えられるといいかもね。


そのお話はまた次回。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

0からの受験勉強法シリーズ開幕です。




「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000