保護者様からの贈り物「虹の橋」に感動したお話


ある保護者様から、素敵な贈り物をいただきました。


その素敵な贈り物とは、葉祥明さんの絵本。北鎌倉に美術館もあるそうなんです。なんだかやさしいタッチで、表紙からも優しさが伝わりますよね。


最近、二代目勉強犬候補の愛犬モコが、手術ミスにあって、ずっと元気なかったんですよね。僕も心配で、どよーんとしていました。


そんな時に、この絵葉書や「Life is…」のメッセージに勇気づけられ、元気をもらい、何だか穏やかな気持ちで日々を過ごすことができました。


そして、初代勉強犬であるピースを思いながら読んだのは、「虹の橋」という本。


お話自体は有名で、僕も以前に妻からオススメされて、YouTubeとかで見ながら泣きそうになった記憶があります。子どももの、わんちゃんもの、おじいちゃんおばあちゃんものは涙腺崩壊の危険ありますね。ちなみに、直近で泣いたのは最近読み返した幽遊白書のたぬきの回です。




もしも、空の上にやさしい世界が広がっているのなら、


いつか必ず来る、大きなお別れのその時も、少しは怖くなくなるかなぁ。


いつか必ず訪れる、人生の最後の日も、少しは楽しみに待てるかなぁ。


もしも、空の上で、また君に会えるなら、


それはどんなに嬉しいか。どんなに心強いか。どんなに愛おしいか。


その日に、心から笑ってまた君に会えるように、


僕も、いつかの君みたいに、今を、精一杯生きていくからね。




検索をしてみると、この絵本の詩に救われたという声が多いのですが、


事実は変わらなかったとしても、


たった言葉一つや、たったイメージ一つで、


そんなにも劇的に気持ちを変えられるってすごいですよね。


人間にはそんな力がある。人間万事塞翁が馬じゃないけど、


悲しいことや嫌なことを、たったイメージ一つで吹き飛ばせる力が。


そんなことを忘れずに暮らしていこうと思います。


ちなみに、僕も、救われたうちの一人です。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

いつかまた会える日まで、ね。




「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

0コメント

  • 1000 / 1000