日曜劇場ノーサイドゲームを見て学んだことを勉強に活かそう


僕はよく大泉洋になる。


「なる」と言っても、イメージの話だ。困難に出会ったときや緊張するときなんかに「ああ、あの人だったらこうするんだろうな」と妄想を広げ、その人になりきる。


そうすることで、プレッシャーをはねのけることができる。なりきり術だ。


例えば、何か会の司会進行をするときは中居くん。事務をスピーディーにこなすときはイーサンハント。そして、陽気に生きたいときは大泉洋。


その大泉洋さんが主演するのだから、見ないわけにはいかない。


日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』の話である。


半沢直樹から続く池井戸感満載のドラマで、


『ルーズヴェルトゲーム』に似ているかなと思って見ていたのだが、けっこう熱かった。展開も早くて良かった。前回の『集団左遷』よりは早速面白いかも。


上川隆也さんが遺留捜査しないで役員席に座っているのも新鮮。松たか子がカルテット組まないでビシバシ怒る妻なのも新鮮。走り回るキン肉マンたちばかりで絵面が新鮮。


ハカの中にイケメン日本人がいることや、子どもがしょうもない理由でいじめられることや、上川さんが「え、そのタイミングで嘘バラしちゃうの!?」という失態をしていることなど、「いやいや有り得ないでしょ」というポイントはいくつもあるけれど、ドラマだからね。


そして、何と言っても主題歌が米津玄師。曲名は「馬と鹿」。歌詞について、もう考察されている方がいらっしゃいました。


一話では、熱く語る主人公の姿が印象的でした。


特に、いじめられた子どもに向けて、ラグビーの話をするところはすごく良かった。子役の子も演技が上手で、感情移入してしまいました。


「自分で闘うと決めた」


この言葉が強く印象に残りました。


また、最後のチームメイトたちの前での演説シーンもよかったですよね。負けることに慣れていた選手たちを鼓舞するシーン。


僕も生徒に向けて言葉をかけることがあるんですが、あんな風に魂を揺さぶる言葉の掛け方を見習いたいと思います。


ここからどんな展開が待ち受けるのか、楽しみです。




…という感想で終わってしまっては、このブログの意味がありません。ちょっとだけでも、そこから勉強に役立つことを学びましょう。


そういえば同じドラマを見た生徒の一人が、こんなことを言っていました。おそらくここから予測できるであろう主人公チームの快進撃を想像してのセリフでしょう。


「気持ちが変われば、結果って変わったりするんだ」


そうそう、よくスポーツとかではありますよね。人自体や実力自体はそんなに変わっていないのに、たった気持ち一つで結果が変わっていくこと。


目には見えない気持ちだからこそ、筋肉や技術よりは変えやすいのかもね。


やる気でやらずに、習慣でやる大切さもあるけれど、


「本気で成長したい」「本気で勝ちたい」っていう気持ちでぶつかっていく経験も必要だと思うから、


他でもない今までの自分に勝つために、気合を入れよう。


明日の勝利のために、


さぁ、気持ちをさらに込めて、さらに学ぼうじゃないか。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

その後その子集中して頑張っていたので、ご褒美に大泉洋のモノマネをしてあげました。失笑でした。










「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000