『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』という、今まで見たことのない成長物語の読書感想文


「多様性っていいことなんでしょ?学校でそう教わったけど」


「うん」


「じゃあ、どうして多様性があるとややこしくなるの」


そう尋ねる主人公の中学生に、著者の母親は答えます。


「多様性ってやつは物事をややこしくするし、喧嘩や衝突が絶えないし、そりゃないほうが楽よ」


「楽じゃないものがどうしていいの?」


「楽ばっかりしてると、無知になるから」


「また無知の問題か」


「多様性は、うんざりするほど大変だし、めんどくさいけど、無知を減らすからいいことなんだと母ちゃんは思う」


随所に出てくる、こんな風な親子の会話が好きです。




人気ライターのブレイディみかこさんがこの本で描くのは、英国に暮らす中学生の日常。でも、とびきり刺激的で、面白くて、なぜか感動もして、一気に読めちゃう、ノンフィクションの毎日。


僕にこの本を紹介してくれた先生が、興奮しながら内容について話していた理由がわかりました。いや、こりゃ誰かに勧めたくなってしまうな。


もう一度言いますね。この本が描くのは、英国に暮らす中学生の日常。勝手に華やかだと思っていた英国の白人社会の現実。その中で否応なしに出会ういじめやレイシズムや格差の波。なんだかんだ平和な日本で暮らしていると、本当は近くにあることに気付きもしないそんな物事たちに囲まれながら、パンク母ちゃんとその息子が織りなす、成長と苦悩とユーモアに彩られた、愛らしい日々のこと。


そして、僕も、きっと君も、大好きな物語。




書店に並んでいるこの本を見たときは、小説かノンフィクションの違いはあれど「ああ、いちばんここに似合う人みたいな本なのかな」と思ったのですが、いい意味で、もうちょっと刺激的でした。単に色が似ていただけかもしれない。


また、先日『アラジン』のミュージカルを見た僕は、この本の冒頭でその語句が出てきたときに、「この物語には出会うべくして出会ったんだ!」とテンション上がりましたけど、うん、きっとそれも勘違い。


でも、今読めてよかったと思える一冊です。


あらすじはこちら。

優等生の「ぼく」が通う元・底辺中学は、毎日が事件の連続。人種差別丸出しの美少年、ジェンダーに悩むサッカー小僧。時には貧富の差でギスギスしたり、アイデンティティに悩んだり。世界の縮図のような日常を、思春期真っ只中の息子とパンクな母ちゃんの著者は、ともに考え悩み乗り越えていく。落涙必至の等身大ノンフィクション。


驚くべきは、これがたった一年半の物語だということ。実はまだ連載も続いているみたいですから、そのうちまた彼に会えることを、僕は心から楽しみに待っています。


以下、ネタバレありの感想文になりますので、ぜひ本書を読んでからお進みくださいませ。




ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー ネタバレ感想文



付箋が足りなくなってしまいました。


「おおっ」とか思ったところや、学びがあったところにプラスチックの付箋みたいなのを挟みながら読んでいたんですよね。でも、ご覧の通り、付箋が意味を成さなくなっている感すらあります。


それぐらい衝撃的で、それぐらい面白かったということです。ちょっと本書に倣って、細かい章立てで感想を述べていきましょう。




アイデンティティの話


本書のテーマの一つは、「アイデンティティ」だと思います。


アイデンティティ。自己同一性。卒論でアイデンティティステイタスを調べた僕にとっては馴染み深い言葉ですが、皆さんにとってはどうでしょうか。


タイトルにある通り、主人公の男の子は、イエローでホワイト。英国白人社会の中で、少しだけ浮いた存在であり、本書の中でも自分のアイデンティティについて悩む描写があります。


でも、その答えだって、本書はちゃんと用意してくれているのです。


アイデンティティは一つじゃなくていい


以前にこのブログで紹介した『人生が変わるすごい地理』で、【アイデンティティとは、「ある特定の集団」への帰属意識】という文言がありました。なるほど、その通り!と思ったものです。


『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』の中でも、校長と著者との話の中で、「よく考えてみれば、誰だってアイデンティティが一つしかないってことはないはずなんですよ」という言葉が出てきます。


また、主人公がワールドカップでどこを応援するかで、今まで応援していた日本が負けると、あっさりイングランドを応援し出す様子が、コミカルに描かれています。


そうそう、そうだよね。日本人でも、イギリス人でも、子どもでも大人でも学校でも家でも友達グループでも塾でも、その時その場で帰属意識のある集団を好きに選んで、アイデンティティにしちゃえばいい。いやいや、もちろんそれはそんなに簡単なことじゃないけれど、特に世界ではそれを理由にいろんな問題が起きているんだけど、だからこそ、子どもたちにはこの本を読んで欲しいな。読んで知って欲しい。考えて欲しい。僕らは変われるのだから。


人の色は、変わり続けるのだから。




そう、人は変わる(子どもは特に!)


それまでエリート校と呼ばれるカトリック系の小学校に通っていた主人公が、進学先として選んだ中学校は、元・底辺校でした。


そこには、校長先生を始め、生徒の貧困問題についての過激なラップに心からの拍手を秒で贈れる素敵な先生方がいて、「生徒たちのしたいことをできる環境を整えて、それを思いっきりやらせたら、学業成績も伸びてきた」という、魅力溢れる学校です。あ、だから、「元」がついているんです。


小学校では典型的な「いい子」だった主人公。両親たちは180度ぐらい違う雰囲気の学校に通うことに一抹の不安を覚えますが、いやはや子どもは強いです。あっという間に慣れて、すぐにエンジョイし始めたというから驚き。


塾や学校の先生仲間たちともよく話をするけれど、子どもっていい意味でも悪い意味でも、コロコロ変わるんですよね。環境や、接する人や、場所やタイミングですぐに。


だから、本人にとって居心地のいい、成長できる場を見つけるって、すごく大切なことだと思うのです。それを見つけたり、見つけるためのヒントを手に入れたりするために、いろんなことに挑戦することもね。




子ども扱いせず、選択をさせるということ


冒頭にも挙げましたが、母ちゃんであるブレイディみかこさんと、主人公の少年のやりとりがこの本の魅力の一つ。


特に僕が「いいなー」と思ったのは、例えばこんな会話です。


それは、大雪の日のボランティアに二人で参加した日のこと。路上生活者を保護した事務所から静かに外へ出ていった息子へ、母ちゃんが話しかけます。


「どうしたの? 家に帰る? 母ちゃんはもう少し手伝っていくけど」


主人公は目を潤ませながら言います。


「こういうことを言うのは本当に悪いと思うんだけど、でも、匂いに耐えられなくって鼻で息をするのを止めてたから、息苦しくなっちゃって…」


事務所内にアルコールや尿の匂いが充満しているのは確かでした。


「帰りたかったら帰ってもいいよ。ただ、こんな天気の日だから、わたしと一緒に帰ってくれたほうが安心ではあるけどね」


主人公は少し考えた後、キッチンでお手伝いすることを、自らの意思で選びます。


この「自らの意思で選ぶ」っていうのがすごく大事なことだと思うのです。自分で選択をする。そしたら、そこから起こる成功も失敗も良いことも悪いことも、全部自分の人生の糧になりますからね。


本書を読んでいると、家族や学校の中で、大人側が子どもたちにそういう機会を多く与えているというのがわかるんですよね。


その後の「善意についての会話」も本当いいし、考えさせられるし、他にも紹介したい会話が沢山あるんですけど、もう全部転載することになってしまうから、ここまでで終わらせておきます。


まだ未読の方は、ぜひ本書の中で味わってくださいね。そして、その時が来たと思えたら、ぜひお近くの子ども達にも問いかけてあげてみてください。


「この本、難しい言葉もあるけれど、面白いよ。ある中学生一年生のお話。どうする?読んでみる?」




大人の先生になる子どもたち


子どもたちは時に、僕ら大人の先生になったりもします。


僕が授業している時もそうです。僕ら大人の固定観念や既成概念で凝り固まった頭で考えることを、自由な発想と考えで飛び越えて、「え、それいいじゃん」という答えを出したりすることがあるんですよね。


この本の中でも、主人公の言葉が、大人たちの発見や刺激を生む描写がいくつもあります。それは貧困やLGBTQといったなかなか答えを出しづらい問題や、大人の個人的な悩み事についてなど様々な内容に及びますが、僕が特に好きな表現が「エンパシー(empathy)」の訳についてです。


「エンパシー」を辞書で調べると、「共感」と出てきます。僕もきっとそう言っちゃうな。でも、中学校のシチズンシップエデュケーションで、その「エンパシー」の意味について尋ねられたとき、主人公の少年はこういった訳し方をしました。


自分で誰かの靴を履いてみること


元々はその授業の先生の言葉で、英語圏では有名な表現だということですが、これを11歳の少年が理解し、使うというのはちょっと驚きでした。


きっと僕らの想像以上に、子どもたちには可能性があって、きっと僕らが心配しているよりもずっと、子どもたちはより良い世界を、よりよい未来を作っていく。


改めてそんな風に思えた瞬間でした。




まとめ、という名のまとまらない話


生きていると、難しいことも、どうにもならないことも、沢山起こります。


この本の中でも、やりきれない想いを抱えてしまうような出来事が、いくつか綴られています。


僕らはみんな、人と人だから、違うから、理解できないことや、「No!」と叫びたくなるようなことも、沢山ある。


だけど、それ以上に、温かさや喜びや、「君がいてくれてよかった」と思えるようなことが、きっと、多分だけど、もっともっと沢山ある。いや、それは数じゃなくて、重さみたいなものかもしれないけれど。


この本は、ただ笑いながら、泣きながら、読んでいるだけでそんなことを教えてくれる、気付かせてくれる、とびきり素敵な本なんだと思います。




人生を100としたら。


いいことと悪いこと、どっちが多いか知っていますか?


いいことがあった時は、「ハハハ」と笑うでしょう。悪いことがあったら「シクシク」泣くでしょう。


ハハハで、8×8=64。シクシクで4×9=36。足して、100。


ちょうどこのぐらいの割合が、人生。そして、この本って感じ。




本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

いや、言っておいてなんですけど、個人的にはもう少しいいことが多いイメージかなー。




「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。

0コメント

  • 1000 / 1000