定期テストが返ってきたらすること


こんにちは、勉強犬です。


藤沢市などは先週、鎌倉市や横浜市は来週以降が多いんですかね、中3生の学校の定期テスト。


それを過ぎると、中1や中2や高校生のテストも待っています。2学期制や3学期制が相まってずっとテスト期間が続きますが、おかげで教室の空気が締まりますし、テスト前に限らず子ども達の頑張る姿というのはいつ見てもいいものです。


そんな定期テストの返却に備えて、「勉強の辞書」に定期テストの分析の仕方を追加しました。


今までにブログに書いてきたことの焼き直しになりますが、よりシンプルにしてみました。


目的地へ行くためには、目的地と現在地の把握が重要です。


今自分がどこにいるのかわからなければ、目的地までのより良いルートや手段は考えられません。同じ江ノ島に行くでも、藤沢駅からとアメリカからじゃ道筋も時間も全然違いますよね。


せっかく精一杯頑張った定期テストですから、現在地の把握に活用しましょう。その為の分析です。まだなかなか自分で考えるのが難しいということであれば、誰かに頼ってもいいでしょう。


以下に、書込み式の分析シートを載せておきます。このブログでこのシートを見て、実際に塾や学校現場でアレンジして使ってくださっている先生方もいるそうです。有難いことです。


なお、分析の仕方に関しては「これが絶対!」というものではありません。うちでも実際に、生徒によって「ここまでやろう」とか「さらに具体的に書いてみよう」とか、課題の解決策も「これは途中式よりは暗算を鍛えなきゃかもね」みたいに人によって変わることがほとんどです。


ただ、この「考える」「向き合う」ということが何よりも重要なのではないかと考えています。


トライ&エラーって、大人になっても大切ですもんね。


参考になれば幸いです。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

行き方がわかれば、足も踏み出しやすくなるよね。

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。