謎の新競技「パデル」が楽しい



それは先月のこと。



友人に誘われて、

パデルをやってきました。

え?パデルですよ、パ・デ・ル。

え、ご存じない?それは困ったなぁ。

今ブレイクしそうなスポーツナンバーワンなのになぁ(当社比)。



という僕も、初体験でした。

ええ、ええ、もちろんそれまで全く知りませんでした。調子に乗ってすみません。

調べてみると、パデルは元々スペインで開発されたスポーツで、

現在はラテンアメリカやヨーロッパの国々で盛んなんだそう。



ルールはウィキペディアさんに任せましょう。よろしく!

パデルはテニスと比べ肉体的な負担が少なく、
年齢や技能の巧拙に関わらず楽しむことができる。
ほとんどの人は20分もあればプレーの要領をつかむ事ができ、

ゲームを堪能することができる。

これはテニスのように強いショットやサーブ力に左右されることが少ないからである。

ダブルス競技のみで行い、ボール、ラケット、コートの3つは必須である。



ほぼテニスのようなルールとコートですが、

コートがテニスの半分ぐらいの広さだったり、ダブルスのみだったり、

ボールの反発力が弱くて球足がそんなに早くなかったり、

四方が壁に囲まれており、その壁を使ったプレイもオッケーだということで、

初心者から上級者、老若男女みんなで楽しめるスポーツだということです。



テニスではホームランを量産してしまう私も、

初体験ながらそこそこ慣れ、ラリーをなんとなく楽しめるようになりました。

パデルさまさまです。

隣のコートでは家族連れで楽しんでいる方も居て、

野球やフットサルといったメジャースポーツと比べても、

実際にやってみるという上での難易度はそんなに高くないように感じました。



しかし、問題は「やる場所」です。

現在、日本ではパデルが出来る所がそんなに多くないみたいです。

私たちが行ったのはこちら。



ここを含め、

日本ではパデルが出来る場所がまだまだ限られています。

つまり、レアです。



海外で盛ん。

テニスの半分のコートで出来る(狭くても大丈夫)。

体力がなくてもOK。男女一緒に楽しめる。壁打ちが楽しい。

テニスのラケットを作っている大手メーカーもパデル用のラケットを作っている。

あのナダルやジョコビッチもはまっている(らしい!)。

こんな風に、これからブレイクする要素は整いつつあります。



そして実はこのパデル、

見ている分にも面白いのです。

ちょっと見てみます?世界最高峰のパデルです。

どうぞ。





まるで子どもが必死で遊んでいるようです!

さぁ、身体を動かしたくてウズウズしてきましたね。

ブレイクの予感を感じさせるこのパデルを今のうちに経験しておけば、

流行った際にドヤ顔できそうですね。



え?別にドヤ顔したくない?

ふふふ、でも、壁打ちが決まった時は自然にドヤ顔になっちゃうはずですよ。



本日講師とパデル話で盛り上がったので、

勉強とは少しずれましたが、今更のパデル押し記事でした!



本日もHOMEにお越し頂きありがとうございます。

スポーツすることって勉強にも活かせますからね。

HOME個別指導塾|藤沢の「第二の家」ブログ

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000