ブラック先生の個別指導塾日記003「宿題忘れ」


僕は、勉強が、できない。


覚えた、ことは、すぐに、忘れてしまう。うまく、話せもしない。何か、考えようとすると、頭の中が、ぎゅーってなって、何も、考えられなくなる。


授業中の、先生の、お話も、宇宙語で喋ってるみたい。よくわからない。テストも、良い点は、取れない。取れるわけない。そのうち、怒られも、しなくなった。


僕は、頭が悪いから、勉強なんて、やっても意味ないと、思った。でも、お母さんに、言われたから、仕方なく、塾へは、通い始めた。オススメの、塾が、あるらしい。


どうせ、やっても、無駄だろう。そんな風に、思ってた。


「それは能力じゃない。姿勢の問題だ」


塾に通って、2日目。初日に出された、宿題を、忘れた僕を、先生は、叱った。怒られたのに、なんでか、ちょっとだけ、嬉しかった。


「いいかい。やるかやらないかに、能力は関係ないよね」


うん、と頷いて、「ごめんなさい」と、謝った、僕の目を見て、先生は、今度は、笑顔で、言った。


「君ならできるから、安心してやってきてごらん。…と、その前に今日の授業を始めようか」


ここは、海が見える、塾。塾長は、クマみたいな、黒い先生。いつも、元気に、挨拶を、してくれる。僕の、先生は、だいぶ若めの、痩せた先生。優しそうだけど、怒ると、意外と、怖かった。ここは、家からは、ちょっと遠いけど、お母さんが、送り迎えを、してくれる。そんな、お母さんのためにも、頑張らなくちゃとは、思ってる。わかってる。


授業が、終わって、先生は、また僕の目を、見ながら言った。


「これは僕と君の約束。もう一回約束しよう。この宿題をやってきてごらん」


それは、授業中に、何度も、確認して、僕ができていたところの、やり直し。問題数も、ちょっとだけ。これはやらねば、と心に誓った。これならできそう、と僕は燃えた。


のだけれど。


1日寝て起きると、途端に、あのやる気は、消えちゃった。一体どこへ行ったんだろう。あんなに、あったのに。宿題の、ページも、ノートに書いてなくて、あれ、どこだったっけ、って感じ。


あー、やっぱり僕はだめだ。なんて、思ったことも、すっかり忘れてた、次の日の、夕方。僕は、駅で、バッタリ、塾長先生に、出会った。


「おお、こんちは。今日も陽気に生きとるか」


塾長は、相変わらず、大きな、声だった。でも、僕の、逸れた、目を、確認して、何かを、悟ったのか、ちょっと、とぼけた感じで、こんな風に、言った。


「えーと、確かプリントの13ページの右側だったよな。君の宿題は。さぁ、初の宿題攻略なるか。明日の授業、山本先生と期待して待ってるよ」


僕は、走って帰って、すぐにカバンから、プリントを引っ張り出して、ぐちゃぐちゃになってた、それを引っ張って広げて、ノートを開いて、一問目に、取り掛かった。あれだけできてたのに、すぐにはわからなかった。どうやるんだっけ、どうやるんだっけ。焦りながら、僕は、山本先生の、言葉を、思い出した。


「君ならできるから、安心してやってきてごらん」


僕は、息を吸って、吐いて、もう一度、問題を、見た。声に出して、読んでみた。そうだ。わかった。そうだ、そうだ。


途中、挨拶も返事も、しない僕を、パートから、帰ってきた、お母さんが、心配して見にきたけど、僕の後ろ姿を見て、そっとドアを閉めたのがわかった。食後に、アイスがついてた。


「乗り越えたな」


僕の宿題を、見た先生は、ニカって笑いながら、僕とグーパンチをした。少し、間違いもあったけれど、ほとんどできてた。


「小さな一歩だけど、これは大きな一歩だ」


先生が、よくわからないことを言った。でも、僕は、嬉しかった。


「さ、一歩ずつ、世界を広げていこう」


僕は、勉強ができない。


覚えたことは、すぐに忘れてしまう。でも、ポケモン150匹以上、言えることを思い出した。あれ、もしかしたら、僕にも、できることがあるかも。できる勉強が、あるのかも。


もっと広い世界に向かって、歩いてみようと、思った。



宿題忘れ

宿題とは先生との約束です。約束を破ることは人として良くないことです。ただ、その宿題に込められた意図ややる意味がわからなければ、必ず前もって確認するようにしましょう。先生たちは、あなたを苦しめたくて宿題を出すわけではありません。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

自分なりのペースでいいんだ。



「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します。

勉強犬の部屋

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。