『推し、燃ゆ』がすごい件の感想と考察【大人の読書感想文推し燃ゆ編】


芥川賞受賞作、『推し、燃ゆ』を読みました。


きっかけは生徒に薦められたからなんですよね。しかも、繋がりはない二人に。


そりゃ気になりますよね。二人とも、「面白い」とか「すごい」とか話していたので、早速本屋で購入してきました。


読んですぐにわかる筆力の凄まじさ。著者欄を見れば、宇佐美りんさんは1999年生まれとのこと。現役の大学生。僕よりも遥かに年下。いや、だからこそこの文章が書けるのか。


例えばこんな下り。


予行練習にそなえて二日前に洗濯しておいたはずの体操着が、なかった。ワイシャツ姿のまま部屋を探し、荒らし回ったのが朝の六時で、見つからないまま逃げるように寝て、昼に起きた。現実は変わらない。掘り起こした部屋は部屋そのものがバイト先の定食屋の洗い場のようで、手のつけようがない。


すごくないですか。「、」の位置は独特で、だけどその方が文が面白くなるポイントを押さえている気がします。漂う気だるさみたいなものも伝わってきますよね。


また、こんな箇所もあります。今時っぽい。


「いま、来てて偉いって言った」
「ん」
「生きてて偉いって聞こえた一瞬」


ね。最初のうちはこんなノリについていけず、おじさん悪戦苦闘でしたが、読み進めていくうちに慣れてどんどんハマっていきました。


そしたら次に迫ってきたのは、「重さ」です。


この小説、実はそんなに長くないんですよね。分量的には一日でさらっと読めてしまう程度。ただ、なかなかさらっとは読めないんです。読んだ後も、なんだか大長編を読んだような重さが頭や肩にのしかかります。


刺激的で、重くて、だけど魅力的で、決して暗い物語ではない。この物語に対する、僕の解釈はこうです。その理由は、以下ネタバレありの感想文で詳しく説明していきますね。


これから読むという方はここで引き返していただければ幸いです。


まずはあらすじを見てみましょう。



あらすじと簡単な感想



推しが燃えた。


そんな衝撃的な一文から始まるこの物語は、その名の通り、女子高生の「あかり」が推しているアイドルが人を殴って炎上するところから始まります。


そこから続くのは主人公と推しとの関係性を軸にした「あかり」の人生のお話。炎上事件をきっかけにして揺らいだ自己と推しとの関係性や事の顛末が上記に挙げたような圧倒的な筆圧で描かれていきます。


推しって、僕が過去に推したのはサザンの桑田さんぐらいなのですが、そのレベルじゃないですね。お金も時間も人生もかける。それだけエネルギーを注ぐことができるものがあるということに若干の羨ましさも感じますが、周りの人たちの冷めた反応もよくわかります。


僕にとっては、気持ちがわからない若者を知るためのバイブルにもなりそうです。


また、発達障害などの病気の描写もリアルで、そういった部分は勉強にもなりました。


こんな風に自分が見えない世界を見せてくれるというのが本の醍醐味でもありますね。読めて良かったです。


さて、ここからネタバレ感想です。引き返すなら今のうちです。



ネタバレ感想



『ネバーランドからの脱却』


アイドルってピーターパンみたいなものなんじゃないか。


作中でピーターパンの話が出て来た時に、ふとそんなことを思いました。


発達段階上は大人なのに、大人になろうとしない人。「ピーターパンシンドローム」って言葉もありますよね。怒られるかもしれないですけど、キンキキッズとか名前、まさにですよね。


もちろんアイドル自身も理解しながらやられているのだとは思います。お仕事だと割り切っているのかも。実に勝手なイメージを膨らませると、ネバーランドに心が囚われているといった感じでしょうか。囚われているっていうのは強い言葉を使いすぎかもしれません。


でも、主人公が推すアイドルは、そんな感じだったのかなと。


一度「ネバーランドで生きていく」と覚悟したものの、大事な人ができて、そこでの生活と現実での生活を天秤にかけた時に、リアルが勝った。


人間何かを天秤にかけた時には葛藤が生まれます。その葛藤が「暴力行為」として噴出し、大事な人に手を挙げた(想像です)。先のことなど考えずに、「真っ直ぐになれるもの」に彼は出会ったわけですね。


そして、主人公たちより先に「大人」になった。


そんな推しが弾き語る曲が四大精霊でありながら人間に恋をした「ウィンディーネの二枚舌」という皮肉も面白いです。


対して、主人公はそんな彼自体が「真っ直ぐになれるもの」でした。お金も使った。時間も使った。人生を捧げた。


だけど、それだけ大事にしていたのに、(もちろん悪いことではないんだけれども)彼の人生を壊すようなことはできなかった。


物語のラスト、家に帰った主人公は衝動的に「暴力行為」をしようとして、そこで自分の本性に気づいてしまうのです。


後始末が楽な、綿棒のケースを選んだ。


私、先を見ている。先のことを考えている。人生のどん底で、最悪で、一番苦しくて、最も感情的に動く場面においても、まだ生きることを考えている。人生を続けることを考えている。


主人公はそこで改めて何が大切かに気づいたのです。背骨だとさえ思っていた推しよりも大切なもの。


生きる姿勢を見つける。それはこの経験を経て、主人公が大人になったということの証ではないでしょうか。ちょうど僕が最近読んでいた「火の鳥」が、燃えて、その中から新しく誕生するように。


ネバーランドからの脱却。


人は冒険のような経験を経て、子どもから大人になる。


このお話は少し歪な成長物語なのかもしれません。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

いやー、まだまだ語りたい細かいところはありますが、兎に角「すごい」の一言に尽きます。


「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します↓

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。