雨音



雨の音がする日は、

まるでこの世界の住人が兄弟になったみたいな、

妙な連帯感と同居した居心地の良さを感じて、

私は目を覚ますの。



カレンダーも手帳も白紙の日に、

寂しみを感じてソファに寝転ぶ私に、

今日は外に出なくていいよって神様が言ったみたいで、

なんだか安心するの。



はしゃぐ子供たち。

雨宿りする猫。

はねた水しぶき。

曇天から降りそそぐ、

雨の創る景色と音。

「そこに居ていいよ」「ここに居ていいの」

それはどこかから誰かへの、不明瞭な存在承認になる。



雨の音がする日は、

風にまぎれ気怠さと溜息が街並みを染めるような、

だけどどこか晴れ渡った空を望む希望を持って、

私は歩くんだ。



光る水面(みなも)。

彩りの水たまり。

色とりどりの傘の群れ。

いつか虹を生むため、

雨は降るしとしとと音。

「もう少しだよ」「何かが変わるよ」

それはどこかから誰かへの、嘘みたいな応援歌になる。



「新しい日が来るよ」「新しい日が来るね」

それはどこかから誰かへの。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

雨音で目が覚めたので、今日はもう起きてしまおうという決意のうた。

HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000