戌年と聞いて思い出す彼女が、僕に教えてくれた大切なこと



「あけましておめでとうございます」



あれは僕が大学生の頃のお正月のこと。


家に大勢の親戚がやってきて、玄関前で新年の挨拶を交わしていた。す0ると、リビングから「なんだ、なんだ、騒がしいぞ」と言わんばかりに、のそのそと彼女が現れた。



彼女の名前は、ピース。ラブラドールレトリーバーの、ピースだ。



玄関前に出てきた彼女は外への扉に隙間を見つけると、一目散に人の群れをかいくぐって庭へ駆け出て、「散歩連れてってよ」という目でこちらを振り返り見た。


僕は大した用もなかったのに(お雑煮に餅を突っ込むぐらい)、「ホラ、戻るよ」とピースに首輪をつけて家へ引き戻した。彼女はなんだかふてくされたようにして、乗っちゃいけないって言われているソファに飛び乗って、寝た。


あの時、なんで僕は散歩に行ってあげなかったんだろう。


きっとそんなことが何度もあった。僕が何かの拍子にピースを思い出す時、いつも決まって最初に出てくるのは、少ししゅんとしたような彼女の顔だ。


彼女の14年の生涯は、きっとそんなに悪いものではなかったように思うけれど、もっとああしてやれたらよかったなとか、こうしてあげたら嬉しかっただろうなということが、すごく多い。


いくら後悔をしても、過ぎた時間が戻ってくることはないし、今の一秒は、今逃したらもう二度と手に入らない。そんなことは、僕も大人だ、もう十二分にわかっている。


でも、いつかたまたま出会った神様に、「一回だけ時間戻してあげるよ。でもちょっとの間だけね」って言われたら、ね、ピース。またさ、二人でぶらぶらその辺を散歩しようね。


君を思い出す時、最初に出てくる顔はそのしゅんとした顔なんだけど、その後に洪水のように次々と溢れ出てくる思い出は、全部楽しくて愉快で素敵な思い出ばっかり。


はしゃいで机に頭をぶつける君。


たまに脱走する君。


一度散歩に出ると「帰りたくない」ってリードを引っ張る君。


ボールを追いかけるのに途中で飽きる君。


撫でると嬉しそうにくねくねする君。


誰かと誰かが喧嘩していると仲裁をするみたいにして間に入る君。


帰ると尻尾をブンブン振りながら玄関で僕を迎えてくれる君。



君が居てくれた日々は、今も僕らの大切な宝物だ。君に出会えて、本当に良かった。



そして、君は教えてくれる。


「人生一回だからやりたいときにやりたいことをやっておけよ」


そんな当たり前のことを、思い出す度に何度も、何度でも。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

今は今しかないからね、それは僕も彼女も大人も子どもたちも一緒。



さぁ、最高の年にしよう。あけましておめでとうございます。

「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します↓

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。