グレイテストショーマンから学ぶ「THIS IS ME」の大切さ〜大人の感想文(ネタバレなし)〜


覚悟をしておいたほうがいい。


映画が始まった瞬間から、あなたはまるでジェットコースターに乗ったかのような感動の嵐の連続に襲われる。


涙もろくなったのかと勘違いするぐらい、冒頭から度々泣きそうになった。大画面から迫りくる心地よき圧倒的な音楽と、シンプルで力強いメッセージに、心が震えた。


愛と幸福に溢れた父と子の会話は、僕の大好きな映画『ライフ・イズ・ビューティフル』のようだった。行き場のない個性的な面々が快進撃を起こす様は『メジャーリーグ』や『クールランニング』のようでもあった。大まかなストーリーは『SING』、音楽の素晴らしさは『LALALAND』を彷彿とさせた。


でも、違った。


そのどれもとは違った。いや、そのどれもが、同じように違うのだ。


たとえどんなに似ていても、そっくり瓜二つでも、すごくてもすごくなくても、ヘンテコでもよくわからなくても、逆にもう全然違ったとしたって、「違う」ということは誰もにとってとびきり当たり前で、それでいて、とびきり素晴らしいことなのだ。


そう、「違う」ということは悪いことじゃない。


それでいいのだ。それが、いいのだ。


この『グレイテストショーマン』という映画が私たちに教えてくれるのは、そんな当たり前のことだ。


すべての人と、そして、すべての映画はこう叫んでいる。うん、仮に叫んでいなくたって、声高らかにこう叫んだほうがいい。


「THIS IS ME!」と。



本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

生徒たちにも見て欲しい映画でした。


「第二の家」からの情報共有の情報共有の場を創りました。受験や学校、ブログや本の情報を日々日々お伝えしています。LINEさえあれば無料&匿名で参加できますのでよかったらご登録をお願い致します。

勉強犬の部屋

「第二の家」ブログ|藤沢市の個別指導塾のお話

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの居場所であり未来を生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。2019年藤沢にHOME個別指導塾リアル教室を開校。