【国語力】の正体

【国語力】の成長、と聞いて、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。


実は学校で培わなくてはいけない【国語力】には、

大きく分けて2種類あります。



①学校のテストの点数を上げる【国語力】


これは例えば「走れメロス」を授業で行ったら、

「走れメロス」が問題で出るテストで点数を取る力です。


この場合の【国語力】は、「暗記力」に似ています。

著者名や登場人物名、その感情、表現、使われている文法や単語、

こういったものを覚えて点数を取るのです。


逆に、テストに出てきた本文を読解して問題を解くと、

ものすごく時間がかかってしまいます。

覚えていれば本文を読まなくても問題に取り組めます。

結果、テストの点数は上がっていくのです。


もちろん、この【国語力(暗記力)】は、国語だけでなく、

社会や理科などといった他の科目でも有効です。

テストの点数を伸ばすのに暗記は今や必要不可欠です。

これが一つ目の【国語力】です。



②入試や実力テストの点数を上げる国語力


本来【国語力】と聞いて思い浮かべるのはこちらの【国語力】かと思います。

初見の問題を読み、読解する力。文章という魔物に立ち向かい、勝利する力。


そして、この【国語力】も、国語だけでなく他の科目においても重要です。

それは、当たり前ではありますが、どの科目も日本語で問題が書かれているからです。

(神奈川県の公立高校入試問題は日本一の文字数を誇ります)

生きていく上でも、非常に大切な力です。




「すべての科目の平均点は、国語の点数に近付く」

そんな言葉もあるくらい、国語は大切な科目です。


今回は便宜上2種類に分けましたが、

この【国語力】は本来、

コミュニケーション力や認知力、活用力といった多種多様な力の基になり、

また、それらの力にも言い換えられる大切な力です。


本を読むことや、音読など【国語力】の伸ばし方は身の回りに溢れています。

古典を読んでみるのもいいですね。


【国語力】の正体、簡単にですが、ご説明でした。

HOME個別指導塾|藤沢の「第二の家」ブログ

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000