【塾物語】お土産

「親が持ってけってうるさいから」

修学旅行帰りの高校二年生が教室にお土産を持ってきてくれた。

「どこ行ってきたの?」「火星」

つまらない冗談と共に、悪戯な笑顔を見せた。

そうか、君とももう4年の付き合いになるのか。


最初の出会いは、ハロウィンの日だった。

その日、教室ではハロウィン会が行われていて、

マントを着て仮装をしていた僕に、

君は出会ったばかりなのにもかかわらず、こう言った。

「先生ってマント似合わない顔してるね」

どんな顔だよと思った。


いつの間にか授業を見る機会が多くなって、

得意も苦手も性格も大体把握した。いい子なんだけど、素直じゃない。

目的地は、七里ガ浜高校。内申点が全然足りなかった。

最初は学校の先生も「絶対無理だ」って言ってたけど、

君はその負けん気の強さで、ぐんぐん成績を伸ばしていった。

そして、見事合格をした。


合格発表の日、教室に来て開口一番「余裕だよ」と君は嘘ぶったけど、

あとでお母さんに聞いたら、家では嬉しくて泣いていたそうじゃない。

たまたま知ったその事実は秘密にしておこう。

それに、

「修学旅行のお土産、家にはないのに、塾には絶対持って行くって言ってきかないんですよ」

って、こちらから御礼の電話をしたら、お母さんが教えてくれたその事実も。

まったく、素直じゃないんだから。


でもね、合格した後にふと言ってくれた、

「俺、いつか先生より教えるのうまい講師になるよ」って言葉。

本当に思っているかどうかもちろんわからないけど、

たとえ嘘でも、今も大切に僕の胸の中にはとってある、

まるで宝物みたいな、とっても嬉しい言葉だったよ。



HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000