英語の学習系統図を電車風に作ってワードの限界を感じたお話


数学、理科に続いて、英語の学習系統図も電車風にしてみました。



詳しい中身についてはこれから説明するのですが、あくまで僕が教えやすいように作ってあります。有難いことに活用していただける方も、もしくは「いや、これはここに丸がつくはずだ」「これはこっちでしょ」と自分用に作り変えたい方も、下記にダウンロードできるようにさせていただきましたので、よかったらぜひご活用ください。WORD版です。


PDF版に関しては、プリントSHOP「勉強犬小屋」に3つあわせて置いておきます。100円です。ちなみに、只今キャンペーン中につき、このブログのプロフィールに書いてあるメールアドレスに感想メールをいただければ、無料で差し上げますよ♪今のところ、キャンペーン期間終了時期は未定です。


それにしても、改めてこういったものはWORDで作るものではありませんね。IllustratorやInDesignやその他有料ソフトに怖くて手が出せず、一人でコツコツと「あ!ずれた!」とか言いながら作成しております。楽しいけれど、きりがありません。というわけで、多少の◯のズレはご容赦くださいませ。


さて、中身のお話に参りましょう。



英語の学習系統図の説明



これから教育改革にあたり、変わっていくことも多々あるとは思いますが、とりあえず文法の並びは、三省堂さんの教科書「NEW CROWN」の順番に記載をしてあります。


教科書によって文法の並びって大きく違ったりするんですよね。「be動詞」ではなくて「一般動詞」から教える教科書もあるんですよ。見比べてみると面白いのですが、本日の本題はそこではありません。


教科書に沿って作っておいてなんですが、文法を教える順番ってこれでいいのかな、と疑問に思うことも。実際の英語教員とも話をしましたが、やっぱりそれぞれ思うところはあるようです。これについても面白いお話がたくさんあるのですが、うん、やっぱり本日の本題はそこではありません。ちょっと余談が多くなるのは悪い癖ですね。


本題は、中身の説明でした。前述の通り、基本教科書に出てくる順に文法が並んでいて、補足したいところに点線の乗り換え線が出ている感じです。


それにしても付加疑問文の出てくるタイミングが不可思議です。2年生の不定詞の単元で驚くほどさらっと出てきます。これはつまり……はっ!違う違う、乗り換え線のお話でした。


一番左の乗り換え線、単語から出ているそれは「暗記マウンテン」につながっていますが、この中身は1年生の教科書だけに存在するスペシャルコーナー「Words&Sounds」の内容です。


先生によっては、その内容を工夫して楽しく覚えさせてくれるようですが、先生によってはいきなり「テスト出すからね」と一気に50問テストとかやったりしますので要注意です。注意しないとここから良くない意味での【作業暗記】がはじまり、英語嫌いの要因になるケースも。教科書にも「少しずつ覚えよう」って書いてあるのにね。


あ、また少し余談になってしまいました。ブラック勉強犬呼んできて「ここがおかしい日本の教科書」という記事の構想を練ろうかなと。冗談です。


図表の真ん中部分には、快速や急行のような感じでカラフルな線が何本かありますが、ここは僕判断ゾーンです。この内訳は今が作りたてなので、今後変わっていくことも大いに考えられます。


一応の狙いとしては、「重要」がその名の通り重要なところ。「暗記」は気合い入れて暗記をしようというところ。「疑問・否定文」は、それらを作る時に新しいルール・文の形が入ってくるところ(疑問詞はあえて抜いてあります)。「時制」は時間のルールが関わってくるところ(未来形は今回は△にしておきました)。みたいな感じです。


まぁ、なんだかんだ書きましたが、英語はやっぱり単語。語彙数。その上に文法が乗っかるイメージです。言語ですからね。


日本語だって、文法を意識しながら話している人なんてほとんどいないですよね。


なぜかスポーツに喩えるなら、語彙は基礎で、文法はそのスポーツのルールです。基礎がなっていなければ、ルールをいくら知っていても、試合(テスト)には勝てません。そして、高いレベルになればなるほど、ルールをよく知ることが重要になってきます。勉強でいえば、その高いレベルが高校受験や大学受験になりますね。


まずは言葉をたくさん知って、わちゃわちゃしながら、楽しみながら、学ぼう。間違いを恐れなくていい。間違えながら、覚えていこう。日本語とおんなじように。


慣れてきたら、文法をしっかり学ぼう。英語へのポジティブな気持ちがある上で学んだほうが、文法だってよく頭に入っていく。ルールをしっかり身に付けて、より強い敵を倒そう。


そんな文法を学ぶ際の知識の整理の助けに、この図表がなれば幸いです。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

学習系統図シリーズはこれにて一旦おしまいです。

HOME個別指導塾|藤沢の「第二の家」ブログ

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000