僕の大好きな「頭の体操」からオススメの問題を出題してみよう


「百のチームが出場する野球のトーナメント戦で、優勝決定までに、最低、何試合必要か」


いつかの僕は「うーん」と唸りながら、考えを巡らせていた。


回転する脳。悩んでいるのだが、その悩んでいる間中ずっと、僕は楽しい。これが「頭の体操」の魅力だ。


多湖輝先生による心理学研究を元にした「頭の体操」シリーズ。全23集。途中まで集めていたのだけれど、どこまで集めたかも忘れてしまった。ちょうどこの前、自宅の本棚で第4集を見つけて読んでいて、「そういや最近新作って出てないのかな」と思い立ち検索したらこのBEST版に出会った。


早速購入し、問題を解き進む。「あ、これやったことある!」も多いが、覚えていない問題やおそらく初見の問題も沢山あった。また、いつか感じたワクワク感が舞い戻ってくる。


一旦本の中に入り込めば、あとはもう自動だ。「でしょ!」や「なにぃ」や「え?なんでなんで?」といつの間にかどんどんページを捲っている。すると、頭の体操は進む。最後には体操しすぎてヘトヘトになるぐらいだ。


解きながら、思う。これは今流行りの活用力(思考力・表現力・判断力)を鍛えるトレーニング本としてもいいんじゃないか。「なんだ!そんな答えあったんだ!」と自ら能動的に学びを深められる本書の仕組みは、楽しく学びを深めるにはもってこいだ。きっと大人にも多くの子どもたちにも、沢山の気付きと新しい発想を与えてくれることだろう。


ちなみに、冒頭の問題の答えは「99試合」。解説にはこう書かれている。

一試合するごとに1チームが負けて消えていく。優勝チームとは残りの99チームが負けて消えたときに決まるもの。とすれば、とうぜん、優勝が決まるまでに99試合が必要ということになる。


このちょっと上から目線の解説がまた面白い。なにくそ、と頑張ってしまう。今回もたくさん悩んでたくさんやられて、だけどたくさん楽しませてもらった。


ただ、最後まで解き終えた後で、「あー、あの問題載ってない」と思う問題が2題あった。過去の『頭の体操』シリーズに載っていた僕の大好きな問題たちだ。


折角だから、本日読者の皆様に、僕が大好きだったその2題を出題しようと思う。ぜひ、頭を体操させてあげてほしい。


「え?そんな答えあり?」と思うかもしれないが、それこそ頭が体操している証拠である。文句をいうならば多胡先生にどうぞ。


では、参る。


「目の前に居る二人の男の子は、顔もよく似ていて生年月日や親も一緒。でも、双子ではないらしい。さて、この二人の関係は?」


答えは一番下に載せておくので大いに悩んでほしい。


次の問題はこちら。


「以下の9つの点を一筆書きの4本の直線で結びなさい。ただし、スタートはどこか1点からはじめること」




点が汚くて申し訳ないが、じっくり考えてほしい。


本書にはこんな風な面白い問題が100個も載っている。ハマりそうだと感じた画面の前のあなたに、一言伝えておきましょう。


「ぜひともお楽しみに」


最後に、この本の著者である多胡先生のお言葉で、本記事を締めたいと思います。


思いもよらぬ飛躍的な発想転換を求められる問題から、なるほどと唸らされる論理の冴えで解く問題まで、一問解くごとに、かつての愛読者であった大人世代も、初めて接する若者世代も、自分の頭の使っていなかった部分が、急に動き始めるような快感に浸っていただけるはずです。

さぁ、どこからでも気軽にページを開いて、あなたの頭のコリをほぐし、脳力を鍛える『頭の体操』に挑戦してください。


さぁ、劇的な体操を始めよう。


本日もHOMEにお越しいただき誠にありがとうございます。

以下、問題の答えです。


Q「目の前に居る二人の男の子は、顔もよく似ていて生年月日や親も一緒。でも、双子ではないらしい。さて、この二人の関係は?」


A「三つ子以上」


Q「以下の9つの点を一筆書きの4本の直線で結びなさい。ただし、スタートはどこか1点からはじめること」


A「以下の通り」



ここまで読んだあなたに、もう一題プレゼントしましょう。


「次の三つの□の中には、すべて同じ文字が入る。それはなんだろう」


「□は□□の千倍です」


答えは、本の中に(74題)。もしくは、僕に直接ご確認くださいませ。


m.s.223@icloud.com



HOME〜私の好きな塾という場所〜

塾という場所が好きです。生徒の成長する姿を見るのが好きです。生徒や保護者と未来の話をするのが好きです。合格や目標を達成して一緒に喜ぶのが好きです。講師と語り合うのが好きです。教材とにらめっこするのも好きです。新しい人と出会うのも好きです。藤沢の街が好きです。ブログも、好きです。

勉強犬

「第二の家」学習アドバイザー。
世界中に「第二の家」=「子どもたちの生きる力を育てる場所」を作ろうと画策中。過去に3000人以上の生徒の個別指導経験を持つ。元広告営業犬。学生時代は個別指導塾の講師。大手個別指導塾の教室長(神奈川No,1の教室に!)・エリアマネージャーを経て、2015年ネット上で「第二の家」HOME個別指導塾を開設。

0コメント

  • 1000 / 1000